自分の検索

Current version: 4.2

[自分の検索] ページには、すべての保存済みの検索条件の概要が表示されます。

[自分の検索] ページを開くには、メニュー バーの右側にあるプロファイル アイコンをクリックして [自分の検索] をクリックします。

次の画像に示すように、[自分の検索] ページには、保存されているすべての検索のテーブル リストが表示されます。各行は保存済みの検索条件を表し、各列は検索またはアクション ボタンのプロパティの詳細を表します。

表から、次のことができます。

  • 保存された検索を有効または無効にするには、[検索を表示] スイッチをオンまたオフにします。(無効化された保存済みの検索条件は、[アセット] ページの [保存済みの検索条件] タブに表示されません。)

  • 保存済みの検索条件を実行するには、その条件をクリックします。

  • テーブルに表示する列を選択するには、[] をクリックします。

  • テーブルで保存された検索を見つけるには、ページの上部にある検索タイルを使用して全文検索を行います。

  • 保存された検索を名前または変更日で並べ替えるには、テーブルの上にある [並び替え] ドロップダウンを使用します。

保存された検索に対してアクションを実行するには、次の操作を行います。

  • 既定として設定 : 検索条件を既定の検索条件として設定します。既定の検索条件は、[アセット] ページの [自分の検索] セクションで既定として適用されます。

  • 共有 : 保存された検索条件のパブリック リンクを表示します。検索コンテンツを表示するセキュリティ権限を持つ他のユーザーと検索条件を共有できます。

  • 削除 : 保存された検索条件を削除します。

  • 通知をオンにする : 保存された検索条件の通知を有効にします。

  • 編集 edit_icon: 検索条件の名前を変更します。

  • 公開する : 検索条件を公開します。

  • 非公開にする : 検索条件を非公開にします。

重要

ソリューションの設定によって、アクションは [その他のアクション] メニューにグループ化されている場合があります。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,