トリガーの設定

Current version: 4.0

Sitecore Content Hub では、トリガーはユーザー インターフェイスから簡単に設定できます。 このセクションでは、トリガーのメイン設定ページについて説明します。

トリガーの設定ページ

![](https://mss-p-003-delivery.stylelabs.cloud/api/public/content/RJaX8tkmr51YXnBmRyJgu24kd?v=15973c1c" />

トリガー設定ページは、以下の 3 つのタブで構成されています。

  • 一般: トリガーの名前、説明、目的 (イベント)、実行タイプなどの一般的な詳細を指定するタブ。
  • 条件: 条件を指定するタブ。
  • アクション: アクションを指定するタブ。

[条件] タブまたは [アクション] タブの詳細については、「トリガーの条件」セクションと「トリガーのアクション」セクションを参照してください。

トリガーの目的

トリガーの目的とは、トリガーが反応するイベントです。

![](https://mss-p-003-delivery.stylelabs.cloud/api/public/content/aFzMZbPyr5vHG0nVrXCFwD9jY?v=3dbbd2db" />

Sitecore Content Hub は、以下の 3 種類のトリガー イベントをサポートしています。

  • エンティティの作成: トリガーは、エンティティが作成されたときに反応します。
  • エンティティの変更: トリガーは、エンティティが変更されたときに反応します。
  • エンティティの削除: トリガーは、エンティティが削除されたときに反応します。

[!重要] イベントに反応しても、必ずしもトリガーのアクションが実行されているとは限りません。 トリガーのアクションは、指定した条件が満たされた場合にのみ実行されます。

トリガーの実行タイプ

トリガーの実行タイプは、トリガーのアクションを実行するための方法です。

![](https://mss-p-003-delivery.stylelabs.cloud/api/public/content/CCu9GVmp2r7h1E1Z82aX8HgKi?v=e8ef81bb" />

Sitecore Content Hub は、以下の 2 つの実行タイプをサポートしています。

  • 処理中 処理中実行タイプでは、トリガーのアクションがリアルタイムで同期的に実行されます。
  • バックグラウンド処理中: バックグラウンド処理中実行タイプでは、トリガーのアクションがバックグラウンド ジョブを介して非同期的に実行されます。

[!注] 処理中実行タイプには、アクションを実行できる実行フェーズが 5 つあります。 実行フェーズに関する詳細は、「トリガーのアクション」セクションを参照してください。

[!注] バックグラウンド処理中実行タイプがサポートする実行フェーズは、投稿アクションのみです。 実行フェーズに関する詳細は、「トリガーのアクション」セクションを参照してください。

[!注意] 処理中実行タイプは、UI 関連のやり取りや時間のかかる操作には使用しないでください。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,