CMP フロー

Current version: 4.2

コンテンツ アイテムが概念化フローから CMP フローに移動すると、To do 状態になります。[開始] をクリックすると、作成プロセスでコンテンツのライフサイクルが始まります。次の表に示されているように、CMP フローには、5 つの状態があります。

状態説明ステータス変更
To do既定では、これが、コンテンツが CMP フローに入ったときの CMP フローの最初の状態になります。[開始] をクリックすると、コンテンツ アイテムは [進行中] 状態に移行します。
進行中この状態で、レビューのためにコンテンツを送信する準備ができるまで、コンテンツを改良します。[レビューのために送信] をクリックすると、コンテンツ アイテムは [レビュー中] 状態に移行し、編集者または承認者がコンテンツを承認または却下する準備ができていることを示します。
レビュー中この状態のコンテンツ アイテムは、編集者またはコンテンツ承認者によるレビューの準備ができています。コンテンツが却下された場合は、コンテンツは [進行中] 状態に戻ります。コンテンツが承認されると、[公開準備完了] 状態に移行します。
公開準備完了この状態では、コンテンツ アイテムはアーカイブされるのを待機しているか、コンテンツをやり直す必要がある場合は、CMP フローの始めに送り返されるのを待機しています。コンテンツ アイテムはアーカイブするか、[進行中] 状態にリセットできます。
アーカイブ済みこの状態では、コンテンツ アイテムは削除され保存されます。
注意

コンテンツがライフサイクルの終わりに達した場合でも、アーカイブを解除して、再度 [公開準備完了] 状態に設定できます。

CMP フロー

注意

コンテンツ アイテムが MRM プロジェクトから作成された場合は、自動的に [進行中] 状態に割り当てられます。[公開準備完了] 状態は、コンテンツ アイテムがタスクを通じて承認された後に割り当てられます。MRM と CMP の統合に関する詳細は、「MRMと CMP の統合」を参照してください。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,