ユーザー アカウントを編集および管理する

Current version: 10.1

セキュリティ管理者は、ユーザー アカウントのさまざまな側面を編集および管理できます。

このトピックでは、次の方法について説明します。

  • ユーザー アカウントを編集する

  • ユーザーのパスワードを変更する

  • ユーザーのセキュリティ アカウントのロックを解除する

  • ユーザーを無効にする

  • ユーザーを削除する

ユーザー アカウントを編集する

ユーザー マネージャーで、ユーザーのアカウント情報を編集したり、ユーザーがメンバーになっているロールを変更したり、それらを Sitecore から削除したりできます。

ユーザーを編集するには:

  1. ユーザー マネージャーで、関連するユーザーをクリックし、[ユーザー] グループで [編集] をクリックします。

  2. 次のタブで、ユーザー情報を編集します。

    • [一般] タブ – ユーザーの名前とメール アドレスを変更します。Sitecore でユーザーの画像として使用されている画像を編集することもできます。

    • [所属するロール] タブ – ユーザーがメンバーになっているロールを編集し、ユーザーに 1 つ以上のドメインを関連付けます。

      注記

      ローカルで管理されているドメインのユーザーが、自分が属しているドメインよりも多くのドメインを表示および管理できるようにするには、[ドメイン] をクリックして、関連するドメインをユーザーに関連付けます。グローバル ドメインのユーザーは、デフォルトですべてのドメインを操作できますが、このタイプのユーザーに 1 つ以上のドメインを関連付けると、関連付けたドメインのみが表示されるように制限されます。

    • [プロファイル] タブ – [ユーザー プロファイル] セクションで、ユーザーがログインしたときに開くスタート URL を指定します。何を選択しても、ユーザーはすべての同じ内容にアクセスできます。

    スタート URL

    説明

    デフォルト

    スタート画面が開き、ユーザーがアクセスする必要のあるすべての内容を開いて表示できます。

    コンテンツ エディター

    コンテンツ エディターが開きます。

    エクスペリエンス エディター

    エクスペリエンス エディターが開きます。

    プレビュー

    Sitecore はプレビュー モードで開きます。

    デスクトップ

    Sitecore デスクトップが開きます。

    URL

    Sitecore で、フィールドに入力したカスタム URL が開きます。たとえば、Sitecore でログイン時にメディア ライブラリが開くようにする場合などです。

    • [追加プロパティ] セクションで、アカウントの作成時にユーザーに対して選択されたユーザー プロファイルに関する情報を編集します。

    • [言語設定] タブ – [サイトコア クライアント] セクションで、ユーザーがログインしたときに Sitecore クライアントで使用される言語と地域コードを指定します。[コンテンツ] セクションで、ユーザーの Web サイト コンテンツのデフォルト言語を指定します。

    • [情報] タブ – ユーザーの履歴を表示します。これには、ユーザーが作成された日時、最終ログイン時刻などが含まれます。

  3. ユーザーの編集が終わったら、[OK] をクリックします。

ユーザーのパスワードを変更する

必要に応じて、セキュリティ管理者はユーザーのパスワードを変更できます。

ユーザーのパスワードを変更するには:

  1. ユーザー マネージャーを開き、関連するユーザーをクリックします。

  2. [ユーザー] グループで、[パスワード変更する] をクリックします。

  3. [パスワード変更] ダイアログ ボックスで、[古いパスワード] フィールドに古いパスワードを入力してから、新しいパスワードを入力して確認します。

    [パスワード変更] ダイアログ ボックス

    ただし、古いパスワードがわからない場合は、新しいパスワードをランダムに生成できます。

  4. ユーザーのパスワードを変更するには、[生成] をクリックします。

    注記

    新しいパスワードを生成するとすぐに、ユーザーの現在のパスワードは無効になります。

  5. 生成されたパスワードをクリップボードにコピーし、関連するユーザーに送信します。

その後、ユーザーは Sitecore にログインして、覚えやすいパスワードに変更できます。ただし、ユーザーが Sitecore からロックアウトされている場合、ユーザーは (新しいパスワードを使用しても) ログインしてパスワードを変更することはできません。この状況では、セキュリティ管理者はセキュリティ アカウントのロックも解除する必要があります。

ユーザーのセキュリティ アカウントのロックを解除する

ユーザーが Sitecore からロックアウトされている場合は、セキュリティ アカウントのロックを解除するようにセキュリティ管理者に依頼する必要があります。

ユーザー アカウントのロックを解除するには:

  1. ユーザー マネージャーを開き、関連するユーザーをクリックします。[ロック中] 列に、ユーザーが Sitecore からロックアウトされているかどうかを示すインジケーターが表示されます。

  2. [ユーザー] グループで、[ロック解除] をクリックします。

ユーザーを無効にする

セキュリティ管理者は、たとえば、ユーザーが長期休暇を取っている場合など、ユーザーがシステムに一定期間アクセスできないようにする必要がある場合があります。この状況では、ユーザーを無効にすることができます。

ユーザーを無効にするには:

  1. ユーザー マネージャーを開き、関連するユーザーをクリックします。ユーザーが無効になっている場合は、[ロック中] 列に無効化と表示されます。

  2. ユーザーを無効にするには、[ユーザー] グループで [無効化] をクリックします。ユーザーを再度有効にするには、[有効化] をクリックします。

ユーザーを削除する

セキュリティ管理者は、会社の変化や成長に応じて、セキュリティ システムからユーザーやロールを削除する必要があります。

ロールを削除すると、Sitecore では次のことが行われます。

  • このユーザーが、メンバーになっているすべてのロールから削除されます。

  • アカウント定義アイテムが削除されます。

  • ユーザーに関連付けられているアクセス権は削除されません。アクセス権は、コンテンツ ツリー内の個々のアイテムに引き続き保存されます。

    つまり、古いユーザーと同じ名前で新しいユーザーを作成すると、新しいユーザーには古いユーザーと同じアクセス権が付与されます。ただし、新しいユーザー アカウントは、自動的にはいずれのロールのメンバーにもなりません。

    注記

    これが、ロールにのみアクセス権を割り当てる必要がある理由の 1 つです。このようにして、コンテンツ ツリー内のアイテムへの個別のアクセス権をユーザーに誤って付与するリスクを最小限に抑えることができ、ユーザーがメンバーになっているロールのアクセス権の管理に集中することができます。

ユーザーを削除するには:

  1. ユーザー マネージャーを開き、削除するユーザーをクリックします。

  2. [ユーザー] グループで、[削除] をクリックします。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,