Commerce 統合

Current version: 10.2

ほとんどの組織では、通常、コマース システムは記録システムとは見なされません。組織は、ほとんどの場合、ビジネス プロセスとデータの処理を他のレガシー ビジネス アプリケーションや情報システムに依存しています。たとえば、ほとんどの e コマースの実装では、ストアフロントからの注文がエンタープライズ リソース プランニング (ERP) や注文管理システムなどのバックオフィス システムに送信されてから注文が処理されるのがふつうです。もう 1 つの一般的な統合シナリオとしては、CRM や POS システムにある顧客データを e コマース サイトと共有する必要がある場合です。

Sitecore Experience Commerce (XC) は、進行中の操作の一部として他の外部エンティティとやり取りするように設計されています。Commerce Service API は、サービスエンド ポイントを介した Commerce コマンドの実行をサポートします。このセクションでは、Sitecore XC エンドポイントを使用して、基幹業務 (LOB) アプリケーションや ERP システムなどの他のビジネス システムとのコマース関連データの交換をサポートしたり、サードパーティのサービス プロバイダーと統合したりする方法について説明します。

Sitecore XC RESTful、OData 準拠の Web API に基づく例に加えて、Views and Actions API、Commerce Views を活用する Authoring API を使用する例もあります。

注記

Views and Actions API はビジネス ユーザー インターフェイスにサービスを提供するように設計された Authoring API であり、統合シナリオ用には最適化されていません。

Commerce 統合に Views and Actions API を使用する場合は、次の点を考慮する必要があります。

  • Views and Actions API は一度に 1 つの Commerce エンティティのみを処理できます。バッチ処理はサポートしていません。

  • Views and Actions API は、Commerce Web サービス API よりも大きなオーバーヘッドが伴います。Views and Action API の呼び出しは、通常 3 ステップのプロセスであり、アクションのビューの取得、更新された値によるビューのプロパティの変更、アクションの実行が必要です。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,