EXM デフォルト設定を編集する

Current version: 10.1

Email Experience Manager を初めて開くと、デフォルトのマネージャー ルートが sitecore/Content/Email フォルダーに作成されます。マネージャー ルートはコンテンツ ツリーのどこにでも配置できますが、通常はテナントまたはサイトごとにマネージャー ルートがあります。市場ごとにマネージャー ルートを作成することもできます (たとえば、南北アメリカに 1 つ、APAC に 1 つ、EMEA に 1 つ)。

注記

EXM インスタンスに複数のマネージャー ルートがある場合、デフォルト設定の変更は、現在選択されているマネージャー ルートにのみ適用されます。マネージャー ルートを変更するには、ダッシュボードの左上にある [マネージャー ルートの変更] ドロップダウン リストを使用します。

Default settings dialog

以下のデフォルト設定を使用できます。

設定

必須/オプション

説明

ベース URL

必須

Content Delivery サーバーの Web サイト アドレス。

この URL は、メール メッセージ内のすべてのリンクで使用されます。

プレビュー ベース URL

オプション

スケーリング環境では、テスト メール メッセージからの内部リンクは、デフォルトでベース URL を指します。

別のサーバーへのリンクを指すには、この設定で URL を指定します。

差出人メール アドレス

必須

メール メッセージの [差出人] フィールドに表示するメール アドレス。

注記

Sitecore MTA をプロバイダーとして使用している場合、変更を保存する前に、差出人メール アドレスのドメインをドメインのリストに追加する必要があります。

差出人の名前

オプション

メール メッセージの差出人の名前として表示する名前。

返信先

オプション

受信者からの返信を受け取るメールアドレス。

グローバル オプトアウト リスト

必須

全てを購読中止リンクをクリックしたコンタクトを含む静的コンタクト リスト。

このリストのコンタクトは、メール キャンペーンに含まれているリストにコンタクトが表示されている場合でも、EXM から別のメール メッセージを受信することはありません。

このデフォルト リストを変更するには、[参照] をクリックして、別のリストを選択します。

EXM でデフォルト設定を編集する

EXM でデフォルト設定を編集するには:

  1. EXM ダッシュボードで、[マネージャー ルートの変更] ドロップダウン リストをクリックし、デフォルト設定を定義するマネージャー ルートを選択します。

  2. [デフォルト設定] をクリックします。

  3. [デフォルト設定] ダイアログ ボックスで、デフォルト設定を編集します。[ベース URL] および [差出人のメール] フィールドは必須です。

    注記

    EXM Delivery Cloud を使用している場合は、設定を保存する前に、ドメインをドメインのリストに追加する必要があります。

  4. [OK] をクリックして変更を保存します。

コンテンツ エディターで EXM のデフォルト設定を編集する

コンテンツ エディターで EXM のデフォルト設定を編集するには:

  1. Sitecore スタート画面で、[コンテンツ エディター] をクリックします。

  2. コンテンツ エディターで、Content アイテムを展開し、編集するマネージャー ルート アイテムを選択します。

  3. [コンテンツ]タブで、デフォルト設定を編集します。

    • [メッセージの生成] セクションで、[ベース URL] フィールド (必須) または、必要に応じて、[プレビュー ベース URL] フィールドを編集します。

    • [既定のメッセージ ヘッダー] セクションで、[差出人の名前]、[差出人のアドレス]、または [返信先] フィールドを必要に応じて編集します。[差出人のアドレス] フィールドは必須です。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,