コンテンツ エディター

Current version: 10.2

コンテンツ エディターは、Web サイトのすべてのコンテンツを管理および編集するための編集ツールです。コンテンツ エディターは、経験豊富なコンテンツ作成・責任者向けに設計されています。

コンテンツ エディターの外観と機能は、ユーザーのロール、ローカル セキュリティ設定、およびその他のカスタマイズによって異なります。

コンテンツ エディターのユーザー インターフェイスは、コンテンツ エディターで作業するときの個々のニーズに合わせてカスタマイズできる 3 つの主な領域で構成されています。3 つの領域は次のとおりです。

コンテンツ エディター

リボン

リボンは、システムメニューとコンテンツ エディターで使用できるすべての機能が表示されるタブで構成されます。

アクセス権とセキュリティ設定に応じて、リボンに表示される機能は異なります。少なくとも、以下の機能が表示されます。

最小限のオプションが表示された [ホーム] リボン

より多くのアクセス権がある場合は、より多くのコマンドとタブにアクセスできます。コンテンツ エディターへのフル アクセス権がある場合や管理者の場合は、次のように表示されます。

すべてのオプションが表示された [ホーム] リボン

コンテンツ ツリー

コンテンツ エディターの主な機能の 1 つに、インストールで作成されたすべてのアイテムを表示するコンテンツ ツリーがあります。

コンテンツ ツリー

コンテンツ ツリーの構造は Windows エクスプローラーで使用されているものと同様ですが、オブジェクトとグループは通常のフォルダーとファイルのアイコンではなく、さまざまなアイコンで表示されます。

コンテンツ ツリーのすべてのグループは、Windows エクスプローラーのフォルダーと同じように展開して開くことができます。アイコンの横にプラス記号 "+" がある場合はサブアイテムが含まれており、展開することができます。アイコンの横にマイナス記号 "-" がある場合は、すでに展開されており、アイテムの横に記号がない場合、サブアイテムは含まれていません。

コンテンツ領域

コンテンツ領域はアイテムを編集する場所です。コンテンツ ツリーのアイテムをクリックすると、コンテンツ領域に 2 つのタブが表示されます。

  • [コンテンツ] タブ: アイテムの任意のフィールドの値を編集できます。

    注記

    表示されるはずのフィールドまたはリボンが表示されない場合は、[表示] タブをクリックして、[スタンダード フィールド] チェック ボックスをオンにします。これにより、開いたすべてのアイテムの標準テンプレートのすべてのフィールドが表示されます。

  • [検索] タブ: 選択したアイテムを検索できます。

コンテンツ領域の右上には、選択したアイテムに固有の追加機能が表示されます。

コンテンツ領域のオプション

機能は次のとおりです。

  • 移動 : フィールド値のリストの特定のセクションまたはフィールドに移動します。

  • 言語 : アイテムの言語版を切り替えるか、新しい言語版を作成します。

  • バージョン : アイテムのバージョンを切り替えるか、新しいバージョンを作成します。

  • 検証の警告 : 個々のアイコンにカーソルを合わせると、現在のアイテムに関連する警告が表示されます。

  • プロファイル カードの編集 : アイテムに関連付けられているプロファイル カードを編集します。これは主にマーケティング ユーザーに関係します。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,