スクリプト SDK の変更ログ

Current version: 4.0

このドキュメントには、バージョンごとの SDK の変更点がすべて記載されています。

[3.2.0]

このリリースでは、エンティティ定義クライアントとカルチャ クライアントの一定のパフォーマンス向上に重点を置いています。

追加

IMemberGroup インターフェイスに、ContentGroup プロパティが追加されました。

AllowUpdates プロパティは、リレーション定義でもサポートされるようになりました。 以前は、プロパティ定義でのみサポートされていました。 そのため、AllowUpdates プロパティは、IPropertyDefinition から IMemberDefinition に移動されました。これは、プロパティ定義とリレーション定義の両方の基本インターフェイスです。

エンティティ定義クライアントで、次のキャッシュされたオーバーロードが追加されました。

  • GetCachedAsync
  • GetNameCachedAsync
  • GetNamesCachedAsync
  • GetIdCachedAsync
  • GetManyCachedAsync
  • GetManyCachedAsync
  • GetIdsCachedAsync

カルチャ クライアントで、次のキャッシュされたオーバーロードが追加されました。

  • GetDefaultCultureCachedAsync
  • GetAllCulturesCachedAsync

修正

MemberConditions のマッピングの問題を修正しました。

[3.1.2]

修正

Web フェッチ ジョブが正常に完了しない問題を修正しました。

[3.1.0]

このリリースのハイライト:

  • 新しい通知クライアント。 電子メール通知だけでなく、リアルタイム通知 (ブラウザー) ををユーザーに送信できます (記事)。
  • 新しいアセット クライアント。 このクライアントは現在、主にアセットの最終的なライフ サイクル ステータスを管理する目的で使用します (記事)。
  • エンティティ定義クライアントを使用したエンティティ定義の作成、変更、および削除のサポート (記事)。
  • アセット テンプレートおよびメール テンプレート用の厳密に型指定されたエンティティ (記事)。

追加

エンティティ定義クライアントでのエンティティ定義の作成、変更、および削除操作が追加されました (記事)。

新しい通知クライアントが追加されました (記事)。

アセット クライアントが追加されました (記事)。

このリリースでは、厳密に型指定されたエンティティが初めて取り入れられています。 アセットについては、現在 IAsset が利用可能です。 通知クライアントでは、厳密に型指定されたエンティティとして IMailTemplate. も利用できます。 このような厳密に型指定されたエンティティは IEntity のままですが、エンティティのメンバーは C# のプロパティおよびメソッドとして提供できるため、開発エクスペリエンスが向上します。 将来的には、厳密に型指定されたエンティティがさらに追加され、既存のエンティティが拡張される予定です (記事)。

IEntityDefinitionsClient の新機能:

  • イテレータを作成するときのオプション パラメーターとして、カスタム バッチ サイズのイテレータをサポートするようになりました。
  • ID でエンティティ定義を取得するメソッドが追加されました。
  • 多数のエンティティ定義を ID で一度に取得するメソッドが追加されました。
  • 定義 ID を定義名に解決するメソッドが追加されました。
  • 定義名を定義 ID に解決するメソッドが追加されました。 これは、Task<IList<long>> GetManyIdsAsync(IEnumerable<string> names); よりも優先的に使用されます。

IEntityLoadConfiguration にビルダーが追加されました。 これを使用して、読み込み設定を容易に作成または拡張できます (記事)。

クエリ フィルターが拡張され、次の新しい文字列フィルターが利用可能になりました (論文):

  • Contains
  • StartsWith
  • EndsWith

Defaults に既定値が追加されました。

IEntityDefinition の新機能として、IsNew プロパティが追加されました。

ILinkHelper の新機能 (Web SDK):

  • 既存のドキュメントが改善され、不足しているドキュメントが追加されました (API リファレンス)。
  • ID によってエンティティ定義へのリンクを作成するメソッドが追加されました。

IUsersClient の新機能:

  • ユーザー名でユーザー ID を取得するメソッドが追加されました (複数に対応)。
  • ユーザー ID でユーザー名を取得するメソッドが追加されました (複数に対応)。
  • ID でユーザーを取得するメソッドが追加されました (複数に対応)。
  • ユーザー グループ名でユーザー グループ ID を取得するメソッドが追加されました (複数に対応)。
  • ID でユーザー グループ名を取得するメソッドが追加されました (複数に対応)。
  • ID でユーザー グループを取得するメソッドが追加されました (複数に対応)。

IRelationDefinitionAssociatedLabels プロパティが追加されました。

変更

IMemberDefinition の変更点: IsSecured プロパティは null 非許容になりました。

IRelationDefinition の変更点:

  • ChildIsMandatory プロパティは null 非許容になりました。
  • ParentIsMandatory プロパティは null 非許容になりました。
  • AncestorsAreCopied が削除され、PathHierarchyScore が導入されました。 これは M の変更に関連しています。

QueryEntityLoadOptions プロパティおよび LoadConfiguration プロパティが、どちらも廃止されています。 読み込み設定は、常に Query とは別に渡されるか、SDK によって自動的に解決されるようになりました。 後方互換性を確保するため、プロパティは引き続き存在します。 これは、LINQ 使用時の WithPropertiesWithRelationsInCulturesLoadConfiguration も廃止されたことを意味します。 ただし上記のように、読み込み設定には同様のビルダーが用意されています。

すべての読み込みオプション (PropertyLoadOptionRelationLoadOptionCultureLoadOption) は、カスタム値を一覧表示するために、IEnumerable ではなく配列を使用するようになりました。

IEntity: 遅延読み込みが不可能な場合、LoadPropertiesAsyncLoadRelationsAsyncLoadMembersAsync はスローせずに、直接 false を返します。

修正

フィルターなしでクエリを実行すると、バックエンドが例外をスローする問題を修正しました。 現在はフィルターなしでクエリを実行できます。 これにより、たとえば M で最新の X 個のエンティティを取得できます。

Web フェッチ ジョブが正常に完了しない問題を修正しました (バックポート)。

[3.0.5]

修正

Web フェッチ ジョブが正常に完了しない問題を修正しました (バックポート)。

[3.0.1]

このパッチ リリースでは、複数のバグが修正されています。

追加

ValidationExceptionToString に、検証の失敗が含まれるようになりました。

変更

RelationMemberCondition は、エンティティ ID ではなくエンティティ定義 ID を参照していました。

カテゴリが存在しない場合、GetSettingsForCategoryAsync は空のリストを返します。 これは透過的な動作ではなかったため、現在は NotFoundException を返します。

一部の既定値が変更されました。

  • エンティティは、既定で InheritsSecuritytrue の状態で作成されるようになりました
  • プロパティ定義は、既定で AllowUpdatestrue の状態で作成されるようになりました
  • リレーション定義は、既定で AllowNavigationtrue の状態で作成されるようになりました

修正

IMemberDefinition モデル (実装) が公開されていない問題を修正しました。

範囲による定義が、オフセットと合計カウントが入れ替わった結果を返す IEntityDefinitionsClient の問題を修正しました。

データ ソースの削除時に検証の例外が発生したときに、クライアントが間違った例外をスローする IDataSourcesClient の問題を修正しました。

カテゴリが存在しない場合に、GetCategoryIdAsyncnull ではなく 0 を返す ISettingsClient の問題を修正しました。

カルチャなしで明示的にエンティティを作成する場合のエンティティ ファクトリの問題を修正しました。 カルチャなしで作成した場合、カルチャに依存するプロパティはエンティティに存在しなくなりました。

定義が存在しない場合に、GetManyAsync (定義名による) が結果に null を追加する IEntityDefinitionsClient のバグを修正しました。

[3.0.0]

SDK の初期リリース。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,