スクリプト タイプ

Current version: 4.0

[!注意] Sitecore Content HubTM のすべてのスクリプトは制限されています。 無制限のスクリプトは廃止されました。

Sitecore Content HubTM は、次のスクリプト タイプを提供します。

  • ユーザー サインイン スクリプト:

    ユーザー サインイン スクリプトは、ユーザーがアプリケーションにログインするたびに実行されます。

    ユーザー サインインス クリプト タイプ

    [!警告]

    • スクリプトのユーザー検証に一貫性がない場合、またはその他のランタイム エラーがある場合、ユーザー サインイン スクリプトによってユーザーがロックアウトされる可能性があります。 これにはスーパーユーザー管理者も含まれます。 >
      • このロックアウトを解決するには、REST API または SDK を使用してスクリプトを無効にします。

      • ユーザー登録前スクリプト:

        ユーザー登録前スクリプトは、新しいユーザーが作成されるたびに実行されます。

        ユーザー登録スクリプト タイプ

        [!注]

        ユーザー登録前スクリプトは、新しいユーザーが作成される前に実行されます。

      • ユーザー登録後スクリプト:

        ユーザー登録後スクリプトは、新しいユーザーが作成されるたびに実行されます。

        ユーザー登録スクリプト タイプ

        [!注]

        ユーザー登録後スクリプトは、新しいユーザーが作成された後で実行されます。

      • メタデータ処理スクリプト:

        メタデータ処理スクリプトは、アセットが処理ワーカーによって処理されるたびに実行されます。

        メタデータ処理スクリプト タイプ

      • アクション スクリプト:

        アクション スクリプトは、アクションとトリガーで使用できる唯一のスクリプト タイプです。 これらは、複数のユース ケースをカバーできるため、最も一般的に使用されるスクリプトです。

        トリガーと組み合わせて使用する場合、アクションは、処理中 (即座) またはバックグラウンド処理中のいずれかのアクション スクリプトを実行できます。

        アクション スクリプト

        [!注意]

        処理中アクション スクリプトは、UI 関連のやり取りや時間のかかる操作には使用しないでください。

        処理中アクション スクリプトは、以下の複数のフェーズで実行できます。

        • コミット前:

          このフェーズでは、アクション スクリプトはトリガー イベントの実行前に実行されます。 たとえば、トリガー イベントが「エンティティの変更」の場合、エンティティが変更される前にアクション スクリプトが実行されます。

          ヒント

          コミット前アクション スクリプトを使用して、既定値を設定できます。

          [!重要]

          コミット前フェーズは、スクリプトによってイベントのデータを変更できる唯一のフェーズです。

        • セキュリティ:

          このフェーズでは、トリガーするユーザーのアクセス許可をアプリケーションがアサートすると、アクション スクリプトが実行されます。 たとえば、トリガー イベントが「エンティティの変更」の場合、トリガーするユーザーがエンティティの変更を許可されているとアプリケーションがアサートすると、アクション スクリプトが実行されます。

          ヒント

          セキュリティ アクション スクリプトを使用すると、追加のセキュリティ チェックを実行して、SecurityException をスローできます。

        • 検証:

          このフェーズでは、トリガーするイベントのデータをアプリケーションが検証すると、アクション スクリプトが実行されます。 たとえば、トリガーするイベントが「エンティティの変更」の場合、エンティティの変更された値をアプリケーションが検証すると、アクション スクリプトが実行されます。

          ヒント

          検証アクション スクリプトを使用すると、追加の検証を実行して、ValidationException をスローできます。

        • 監査:

          このフェーズでは、トリガーするイベントのデータが確定した後に、アクション スクリプトが実行されます。

          ヒント

          監査アクション スクリプトを使用すると、監査メッセージを内部または外部のログ システムに記録できます。

        • 投稿:

          このフェーズでは、トリガーするイベントが確定した後に、アクション スクリプトが実行されます。

      Do you have some feedback for us?

      If you have suggestions for improving this article,