Commerce Connect フレームワーク コンポーネント

概要

Commerce Connect ソリューションのコンポーネントがどのように関連しているかの概要。

Sitecore Commerce Connect はストアフロント開発者向けの Sitecore commerce API で、フロントエンドの Web ショップ ソリューションとバックエンドの外部コマース システム間の統合レイヤーです。バックエンド システムは、Sitecore またはサードパーティ ベンダーが作成した Commerce Connect コネクタの対象となる任意の e コマース システムにすることができます。

Commerce Connect ソリューションには、次のコンポーネントが含まれています。

  • Commerce Connect コア フレームワーク - これには、抽象サービス レイヤー (API)、ページ イベント、ゴールと成果、条件付きレンダリング ルール、マーケティング オートメーション キャンペーン、アクションと条件、レポートが含まれます。

  • Commerce Connect コネクタ - Commerce Connect パイプラインに接続して、ドメイン モデル、入出力パラメーターをカスタマイズし、外部のコマース システムと統合します。

  • Commerce レポート - Commerce Connect によって収集されたデータを表示します。

次の図は、Commerce Connect フレームワーク コンポーネントがどのように接続されているか、およびそれらが Sitecore Experience Platform、フロントエンド Web ショップ、外部コマース システムとどのように統合しているかを示しています。

Commerce Connect コア フレームワークとコンポーネント間の関係。

この図は、コンポーネント間の関係を示しています。

  • 訪問者が Web ショップにアクセスします。

  • Web ショップは統合サービス レイヤーを使用し、次に統合サービス レイヤーはコネクタを使用して外部コマース サーバーと統合してアクセスします。外部コマース システムへの統合は Commerce Connect サービス レイヤーを経由するため、顧客エンゲージメント機能が間接的にトリガーされます。

  • コンテンツ管理機能とエンゲージメント機能の両方を確実に動作させるために、Sitecore Experience Platform はバックグラウンドで実行されます。

  • 商品データ モデルは別のレイヤーにあり、使用される場合と使用されない場合があります。商品の同期を使用する場合、データ モデルは Sitecore のアイテムに基づいています。

  • コネクタは、外部のコマース システムから e コマース機能を利用できるようにします。

すべての外部のコマース システムに固有のコネクタが必要なため、Commerce Connect をスタンドアロン システムとして実行することはできません。したがって、コネクタはコア フレームワークの一部ではなく、個別のインストール パッケージとして提供されます。

開発者は、Commerce Connect コネクタを使用して、Sitecore を 1 つまたは複数のコマース システムと統合できます。Sitecore は Sitecore Commerce Server と Microsoft Dynamics AX for Retail 用のコネクタを提供しています。他のコマース システム用のコネクタは、Sitecore の技術パートナーによって提供されます。Sitecore が開発したコネクタについては、Sitecore のダウンロード ページを参照してください。

注記

データと機能が異なる外部コマース システムによって管理されている場合、開発者は 1 つのソリューションで 1 つまたは複数のコネクタを使用できます。たとえば、あるシステムに商品データを配置し、別のシステムで価格を処理することができます。

Sitecore Experience Profile アプリケーションと Sitecore Experience Analytics アプリケーションの両方の [商業] タブに、Commerce Connect によって収集されたデータの一部を表示するレポートがあります。Sitecore Experience Profile には個々のコンタクトに関する情報を示すレポートがあり、Experience Analytics にはすべてのコンタクトの集計データを示すレポートがあります。