Commerce Connect

概要

Web ショップを外部の Commerce システムと統合し、e コマース ソリューションにエンゲージメント機能を適用する Commerce Connect の概要。

Sitecore Commerce Connect はストアフロント開発者向けの Sitecore commerce API で、フロントエンドの Web ショップ ソリューションとバックエンドの外部コマース システム間の統合レイヤーです。バックエンド システムは、Sitecore またはサードパーティ ベンダーが作成した Commerce Connect コネクタの対象となる任意の e コマース システムにすることができます。

Commerce Connect サービス レイヤーには 2 つの目的があります。

  • Web ストアを外部のコマース システムと統合する。

  • 使用されている外部のコマース システムに関係なく、e コマース ソリューションに Sitecore 独自の顧客エンゲージメント機能を適用します。

Commerce Connect を使用すると、e コマース ソリューションで、顧客の行動の追跡、パーソナライゼーションによる対応、エンゲージメント オートメーションとレポートによるフォローアップなどの顧客エンゲージメント機能を使用できます。これは、一般的な e コマース関連のエンゲージメント機能を Commerce Connect フレームワークに統合することで容易になります。

Commerce Connect は、次のようなエンドユーザー ビジネスのシナリオ向けに設計されています。

  • 有形商品、デジタル商品、またはオンライン サービスを提供する企業から消費者への販売 (B2C)。

  • 次のような企業間 (B2B) シナリオ:

    • 高度な商品価格設定。

    • 複数のユーザーに代行してもらっている顧客。

    • 複数の顧客を代理する販売代理店。

    • 顧客やユーザーごとの複数のショッピング カート。

    注記

    すべてのシナリオが Commerce Engine ですぐに使用できるようにサポートされているわけではありませんが、必要なシナリオに合わせて、Commerce Engine と SXA Storefront を拡張したり、Commerce Connect をカスタマイズしたりできます。

Commerce Connect を直接使用するのは、次のようなユーザーです。

  • Sitecore Experience Platform を使用して e コマースソリューションを構築する Sitecore パートナー、開発者、および顧客。

  • 自社のコマース システムを Sitecore と統合するためのコネクタの開発を目指す Sitecore の技術パートナーや e コマース システム ベンダー。

Commerce Connect フレームワークの設計は、次の原則に基づいています。

  • 単純さ - e コマース システムによって搭載されている機能が異なるため、Commerce Connect のアーキテクチャが複雑にならないように、最も一般的なシナリオのみをサポートするように設計されており、Commerce Connect の統合レイヤーで提供されるデフォルトのドメイン モデルは最小限に抑えられています。

  • 拡張性 – ドメイン モデルが単純に保たれているため、Sitecore を外部コマース システムと統合する開発者は、ドメイン モデルと、外部コマース システムと交換されるリクエストとレスポンスのパラメーターをカスタマイズする必要があります。

  • 独立性 – 各統合サービス層は独立して動作するため、相互依存性はありません。これにより、さまざまな外部コマース システムが統合のさまざまな部分を処理できるようになっています。ただし、一部のドメイン モデル オブジェクトはサービス レイヤー全体で使用されます。

  • 抽象化 – 各統合サービス レイヤーは抽象的であるため、Sitecore 固有の概念や外部のコマース システムに関連付けられていない中立的な汎用パラメーターで動作します。

  • パイプライン - 各統合サービス レイヤーは Sitecore パイプラインを使用して、ビジネス ロジックをホストしカスタマイズと拡張を可能にします。

  • フォールバック機能 - Commerce Connect は、Commerce Connect が設計された目的である最も一般的な e コマース シナリオが外部の e コマース システムでサポートされていない場合に、フォールバック メカニズムとして機能します。このような場合、Commerce Connect は、欠落しているシナリオをサポートする中間ストレージとして機能し、Sitecore と外部のコマース システムの間の橋渡しの役割を果たします。以下は、すべての外部のコマース システムでサポートされているわけではないために Commerce Connect でサポートしているシナリオの例です。

    • 顧客やユーザーなどの個別でありながらリンクしているエンティティ、およびそれらの多対多の関係。一部の e コマース システムは、顧客とユーザーの両方をサポートしていないか、多対多の関係をサポートしていません。

    • ユーザーや顧客の複数ショッピング カートのサポート。

    • ネストされたサブラインなどの詳細なショッピング カート情報。

xDB を有効にせずに Commerce Connect を実行できます (つまり CMS 専用モードで実行するということです)。Experience Management モードでは多くの機能が使用できません。外部システムとの統合はすべてそのままで機能しますが、顧客エンゲージメントには次の制限があります。

  • 追跡はセッションで機能し、そのセッション終了後に破棄されます。