リレーションシップ定義

概要

クロスセルとアップセルを通じて売上を伸ばすのに役立つリレーションシップ定義の概要。

Sitecore Experience Commerce の Sitecore Experience Commerce Business Tools には、クロスセルとアップセルで Sellable 商品間のリレーションシップを作成する機能があり、ビジネス ユーザーが売上を伸ばすのに役立ちます。

クロスセル リレーションシップは、顧客が購入中の商品またはすでに購入した商品に関連する追加の商品を識別します。たとえば、顧客が XSound CD Bluetooth In-Dash Receiver をカートに追加した場合、ストアは、関連商品として XSound 6 1 2” 2-Way Coaxial Car Speakers のセットも表示するのがクロスセル リレーションシップです。

アップセル リレーションシップは、顧客が閲覧している商品とは異なるバージョンまたはより高価なバージョンやモデルがあり、顧客のニーズに適している可能性があることを顧客に示します。たとえば、顧客が表示価格 $39.99 の XSound 1” Coaxial Tweeters を閲覧している場合、表示価格 $59.99 の XSound .75” Coaxial Tweeters を表示するようにアップセル リレーションシップを設定できます。

注記

リレーションシップはバージョン管理されません。すべてのエンティティ バージョンに同じリレーションシップが定義されます。つまり、ひとつのエンティティ バージョンに関連するリレーションシップを変更すると、変更は自動的にすべてのバージョンに適用され、いずれかのバージョンがすでにパブリッシュされている場合、リレーションシップへの変更は自動的にライブ サイトに反映されます。ただし、BundleToSellableItem と BundleToSellableItemVariant だけは例外です。これらはバージョン管理され、バージョンごとに異なる場合があります。

Sitecore XC には、カタログ、カテゴリ、Sellable 商品などの Commerce エンティティ間に存在するリレーションシップのタイプを事前に定義するデフォルトのリレーションシップ定義があります。これらのデフォルトの基本リレーションシップ定義を使うと、独自のカタログでクロスセルやアップセル用の商品 (またはエンティティ) の関連付けを独自に作成できます。

Sitecore XC は、Commerce エンティティ (カタログ、カテゴリ、Sellable 商品など) 間のデフォルトのリレーションシップ定義として以下を提供しています。これらを使用してクロスセルやアップセルのリレーションシップ定義を作成できます。

  • Sitecore.Commerce.Plugin.Catalog.SellableItem, Sitecore.Commerce.Plugin.Catalog: Sellable 商品間のリレーションシップ タイプを事前に定義します。これは、販売方法のコンテキストで最も一般的なタイプのリレーションシップ定義です。このタイプのリレーションシップ定義を使用すると、アップセルおよびクロスセルに対して Sellable 商品間の関連付けを作成できます。サンプルの Habitat カタログには、事前定義されたリレーションシップの例が付いています

  • Sitecore.Commerce.Plugin.Catalog.Category, Sitecore.Commerce.Plugin.Catalog: カテゴリ間のリレーションシップ タイプを定義します。

  • Sitecore.Commerce.Plugin.Catalog.Catalog, Sitecore.Commerce.Plugin.Catalog: カタログとカテゴリの間、またはカタログと Sellable 商品の間のリレーションシップを定義します。

HabitatMaster などのサンプル カタログには、アップセルまたはクロスセル定義の一般的な例である以下のデフォルトのリレーションシップ定義が含まれています。

デフォルトのリレーション定義

(Habitat_Master サンプル カタログ)

説明

InstallationSellableItemtoSellableItem

設置エンタイトルメント付き商品のクロスセル リレーションシップ。たとえば、顧客が食器洗浄機を購入する場合、ストアは設置サービスも表示して顧客が注文に追加できるようにします。

RelatedSellableItemToSellableItem

顧客が購入する製品に関連するさまざまな商品のクロスセル リレーションシップ。

TrainingRelatedSellableItemToSellableItem

トレーニング サービス商品のクロスセル リレーションシップ。たとえば、顧客が複雑なソフトウェア製品を購入する場合、ストアはオンライン トレーニング コースの候補も表示して顧客が注文に追加できるようにします。

WarrantySellableItemToSellableItem

保証製品のクロスセル リレーションシップ。たとえば、顧客が食器洗浄機を購入する場合、ストアは長期保証も表示して顧客が注文に追加できるようにします。

注記

リレーションシップ定義は環境 ID に固有のものです。たとえば、上に示したデフォルトのリレーションシップ定義は、デフォルトの HabitatShops 環境に関連する環境 ID (artifactStoreID) に固有です。デプロイがカスタムの環境を定義する場合、上の事前定義されたリレーションシップ定義はないため、独自のリレーションシップ定義を作成する必要があります。