コンテンツ テストの結果

Current version: 10.2

基本的なコンテンツ テストとページ テストは、最良のテスト結果が見つかるか、最大テスト期間が経過したときに自動的に停止します。コンポーネント テスト (A/B テスト、多変量テスト、およびパーソナライゼーション テスト) は自動的に停止しません。最良のテスト結果を承認するか、最良のテスト結果を手動で選択する必要があります。このトピックでは、テストの進行中にコンテンツ テスト結果をレビューする方法を説明します。

重要

コンポーネント テストで最良のテスト結果が見つかった場合でも、テストを終了するためのアクションを実行する必要があります。

コンポーネントテストの場合、Sitecore は、最良のテスト結果が見つかったか、最大期間に達したときに、テストを開始したユーザーに電子メール メッセージを自動的に送信します。電子メール メッセージには、クリックしてテスト結果を表示できるリンクが含まれています。

注記

Sitecore ユーザーに電子メール メッセージを送信するように Sitecore を設定するには、パスワードを忘れた場合の機能を有効にするの指示に従ってください。

すべてのタイプのテストについて、テストの進行中、エクスペリエンス エディターのページに移動して、エクスペリエンス エディター リボンの [オプティマイズ] タブからテスト結果を開くことができます。

エクスペリエンス エディターのリボンの [オプティマイズ] タブの赤い点は、アクティブなテストがあることを示します

タブ上の赤い点は、ページにアクティブなテストがあることを示します。次の例は、エクスペリエンス エディターの [オプティマイズ] リボンを示しています。

[オプティマイズ] リボン

アクティブなテストがある場合、テストを完了するために必要な訪問者の数が [ステータス] に表示されます。この例では、テストを完了するために、さらに 5450 人の訪問者が必要であることをステータスが示しています。十分な履歴データがある場合は、代わりにテストが完了するまでにかかる日数がステータスに表示されます。

テストの推定残り日数

テスト結果

エクスペリエンス エディター リボンで、[オプティマイズ] タブの [テスト結果] をクリックすると、ページの現在のテスト結果レポートが表示されます。

テスト結果レポート

[概要] には、次の内容が表示されます。

  • ベスト エクスペリエンス効果 – 最良のエクスペリエンスのパフォーマンス。元のエクスペリエンスの訪問毎のバリューの追跡と、テストでの最良のエクスペリエンスとの差異として計算されます。

  • 信頼度 – テストが到達した、統計の信頼度。

  • 獲得したスコア – テストの作成者に割り当てられたテスト スコア。このスコアは、獲得したエンゲージメント バリューと、テストされたページの重要性に基づきます。

注記

元のエクスペリエンスの訪問毎のバリューの追跡が最も高い場合、効果はないため、スコアは計算されません。その場合、[最良のエクスペリエンス効果] フィールドと [スコア] フィールドには - と表示されます。

訪問数が 100 未満の場合、信頼度は 0 となり、フィールドには と表示されます。

テスト レポートの KPI の概要

[エンゲージメント バリュー]、[コンバージョン レート]、[変数] の各タブには、テスト済みエクスペリエンスが棒グラフに表示されます。これらのエクスペリエンスの 1 つを選択すると、このエクスペリエンスの詳細情報が [詳細] パネルに表示されます。

[詳細] パネルの下部には、現在選択されているエクスペリエンスに関する詳細情報を示す 3 つの展開可能なセクションがあります。

エンゲージメント バリュー

[エンゲージメント バリュー] タブには、エンゲージメント バリューの観点から測定されたパフォーマンスの順に、テストのエクスペリエンスを一覧表示するグラフが含まれています。エンゲージメント バリューが最も高いエクスペリエンスには 100 の値が割り当てられ、グラフの棒は残りのエクスペリエンスの相対的なパフォーマンスを示します。

棒の長さは、エクスペリエンスの相対的なエンゲージメント バリューを示し、次のように計算されます。

(エクスペリエンスのエンゲージメント バリュー / パフォーマンスが最も高いエクスペリエンスのエンゲージメント バリュー) x 100

棒の色の意味は次のとおりです。

  • 灰色 - 元のエクスペリエンス。

  • 緑 - 元のエクスペリエンスよりもパフォーマンスが高いエクスペリエンス。

  • 赤 - 元のエクスペリエンスよりもパフォーマンスが低いエクスペリエンス。

エクスペリエンスを選択すると、これらの情報が [詳細] パネルに表示されます。

[エンゲージメント バリュー] タブの [詳細] パネル

選択したエクスペリエンスには、2 つの一般的な測定値があります。

  • 訪問毎のバリューの追跡 – エンゲージメント バリューの合計値。訪問者がテスト対象ページを訪問したでのみ発生したページ ビューの数を、エクスペリエンスを見た訪問の数で割って算出します。

  • エクスペリエンス効果 – ネガティブ、ポジティブ、またはニュートラルなエクスペリエンス効果の合計。これは選択したエクスペリエンスの訪問毎のバリューの追跡とデフォルトのエクスペリエンスのパーセントの差です。

[詳細] パネルには、エクスペリエンスのプレビューも表示されます。[プレビュー] をクリックして、選択したエクスペリエンスを編集できます。

1 回の訪問のバリューの追跡の例

たとえば、一回のブラウザ セッションで、訪問者が次の操作を行うとします。

  • テスト対象のコンポーネントがあるページを閲覧します。この訪問者には、コンポーネントのバリアント B が表示されます。

  • 訪問者がパンフレットをダウンロードするページへのリンクをクリックします。パンフレットをダウンロードすることは、値が 10 のゴールです。

  • サイトで他のいくつかのページを閲覧します。これらのページには、追跡用のページ イベントが関連付けられていますが、これらのイベントに割り当てられたエンゲージメント バリューは 0 です。

  • 訪問者が見積もりを要求する先のページにナビゲートします。これは、値が 50 のゴールです。

  • ブラウザを閉じます。

この訪問のバリアント B のバリューの追跡は 60 (10 + 50) です。

訪問毎のバリューの追跡は、訪問者がコンポーネントのバリアント B を見たすべての訪問のバリューの追跡の平均です。

[詳細] パネルには、エクスペリエンスのプレビューも表示されます。[プレビュー] をクリックして、選択したエクスペリエンスを編集できます。

コンバージョン レート

[コンバージョン レート] タブには、すべてのエクスペリエンスのコンバージョン レートが表示されます。[ゴール] ドロップダウン リストからゴールを選択すると、ゴールがトリガーされた回数を確認できます。[レート] フィールドは、選択したエクスペリエンスのコンバージョン レートを、選択したエクスペリエンスが表示された訪問のパーセンテージとして表します。1 回の訪問で複数のコンバージョンがある場合、レートは 100% を超えます。

棒グラフには、コンバージョン レートで測定されたパフォーマンスの順にエクスペリエンスが一覧表示されます。

テストのエクスペリエンスごとに 2 つの棒があります。

  • 最初の棒は、パフォーマンスが最も高いエクスペリエンスと比較したエクスペリエンスの相対的なコンバージョン レートを示します。コンバージョン レートが最も高いエクスペリエンスには 100 の値が割り当てられます。棒の色の意味は次のとおりです。

    • 薄い灰色 – 元のエクスペリエンス。

    • 緑 – 元のエクスペリエンスよりもパフォーマンスが高いエクスペリエンス。

    • 赤 – 元のエクスペリエンスよりもパフォーマンスが低いエクスペリエンス。

    棒の値は次のように計算されます。

    (エクスペリエンスの訪問毎のコンバージョン数 / パフォーマンスが最も高いエクスペリエンスの訪問毎のコンバージョン数) x100。

  • 2 番目の棒は、パフォーマンスが最も高いエクスペリエンスと比較したエクスペリエンスの相対的なエンゲージメント バリューを示します。この棒は常に濃い灰色になります。

バリエーションに対してゴールがトリガーされなかった場合、棒の代わりに「データなし」というテキストが表示されます。

[コンバージョン レート] タブ

棒グラフでエクスペリエンスを選択すると、[詳細] パネルに訪問毎のバリューの追跡とエクスペリエンス効果に加えて、選択したエクスペリエンスのコンバージョン レートのパーセンテージが表示されます。

変数

[変数] タブには、テストの各変数のエンゲージメント バリューを示すグラフが表示されます。

[詳細] パネルには、訪問毎のバリューの追跡とエクスペリエンス効果が表示されます。

上位ゴール コンバージョン

[上位ゴール コンバージョン] セクションを展開すると、選択したエクスペリエンスのゴール コンバージョン結果が表示されます。

テスト レポートの [上位ゴール コンバージョン] セクション

この表は、次のメトリックを示しています。

  • ゴール – テストに関与した訪問者によってトリガーされたゴール。

  • コンバージョン – コンバージョンの数。

  • [レート] – 選択したエクスペリエンスを表示した後のゴール コンバージョン数を訪問数で割った値に 100 を掛けたもの。

  • 変更 – 元のエクスペリエンスと選択したエクスペリエンスとの間の変更点。

ページへの上位クリック

[ページへの上位クリック] セクションを展開すると、選択したエクスペリエンスの上位クリックが表示されます。

テスト レポートの [ページへのクリック] セクション

この表は、次のメトリックを示しています。

  • ページ – セッションでクリックした次のページの名前。

  • クリック – ページをクリックした合計回数。

  • レート – 選択したエクスペリエンスの表示後にページをクリックした回数を訪問数で割った値に 100 を掛けたもの。

  • 変更 – 元のエクスペリエンスと選択したエクスペリエンスとの間の変更点。

サイトの閲覧状況

[サイトの閲覧状況] セクションを展開すると、選択したエクスペリエンスに関するサイトの閲覧状況の概要が表示されます。

テスト レポートの [サイトの閲覧状況] セクション

この表は、次のメトリックを示しています。

  • [タイプ] は、 2 番目の列の値を定義します。

    • 直帰率 (パーセント) – このページを訪問した後で、他のページを表示せずにサイトを離脱した訪問者のパーセンテージ。

    • ページの平均滞在期間 (秒数/分数) – 訪問者がページに滞在した平均時間。

    • 訪問の平均滞在時間 (秒数/分数) – 訪問者がサイトに滞在した平均時間。

    • 訪問毎のページ ビュー (ページ ビュー数) – 訪問者が 1 回の訪問で見たさまざまなページの平均数。

  • [変更] は、この測定値を元の測定値と比較した場合の変更点を示します。

インプレッション

[インプレッション] セクションは、このエクスペリエンスが含まれていた訪問の数と、この数が表すすべての訪問のパーセンテージを示します。

テスト レポートの [インプレッション] セクション

最良のテスト結果

テストを作成したユーザーは、[テスト結果] ダイアログ ボックスでエクスペリエンスを選択し、[最良のテスト結果として選択する] をクリックしてテストを終了し、エクスペリエンスを最良のテスト結果として宣言できます。これにより、テストに定義されたテスト目的が却下されます。それ以外の場合、Sitecore が最良のテスト結果を選択します。

最良のテスト結果が確定すると、[テスト サマリー] ダイアログ ボックスが表示されます。

[テスト サマリー] ダイアログ ボックスの [最良のテスト結果] タブ

[最良のテスト結果] タブには、パーソナライゼーションの対象とならないすべての訪問者に対するデフォルト エクスペリエンスとなるエクスペリエンスのプレビューが含まれています。テスト結果には、最良のテスト結果とは異なるエクスペリエンスにより良く反応する特定の訪問者セグメントに関する情報も含まれています。提案されたパーソナライゼーションルールをレビューして適用するには、[パーソナライゼーションの提案] タブをクリックします。

パーソナライゼーションの提案

コンポーネント テスト中、Sitecore はデータを収集し、Sitecore CortexTM 機械学習を適用することで、最良のテスト結果とは異なるエクスペリエンスにより良く反応するセグメントがあるかどうかを判断します。

[パーソナライゼーションの提案] タブには、ページに推奨されるパーソナライゼーション ルールが一覧表示されます。ここで提案されたパーソナライゼーション ルールを確認して適用できます。

[テスト サマリー] ダイアログ ボックスの [パーソナライゼーションの提案] タブ
注記

テストがコンポーネント テストではない場合 (テストが基本的なコンテンツ テストまたはページ テストの場合など)、Sitecore は [パーソナライゼーションの提案] タブのない [テスト サマリー] ダイアログ ボックスを表示します。

パーソナライゼーションの提案を適用せずに [テスト サマリー] ダイアログ ボックスを閉じるには、[後で] をクリックします。後で [オプティマイズ] リボンから [パーソナライゼーションの提案] ダイアログ ボックスを開いて、提案を適用できます。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,