(再利用可能な) リッチ テキストの追加

概要

書式設定されたテキストを SXA ページに追加する方法について説明します。

SXA は、ページ デザインを容易にする定義済みのレンダリングのライブラリを付属しています。ツールボックスからページにレンダリングをドラッグすることで、ページにコンテンツを追加できます。サイトにテキストを追加するのに役立つレンダリングがいくつかあります。このトピックでは、書式設定されたテキストをページに追加する方法について説明します。

リッチ テキスト レンダリングは、書式設定されたテキストをページに追加します。テキストと HTML マークアップを追加すると、SXA はページの Data フォルダーの下のデータ ソース アイテムにテキストを格納します。

リッチ テキストの格納

注記

ページのテキスト アイテムが格納される Data フォルダーは、隠しフォルダーです。これを表示するには、リボンの [表示] セクションで、[非表示アイテム] のチェック ボックスをオンにします。

リッチ テキスト レンダリングをページに追加するには、次の手順に従います。

  1. ツールボックスを開きます。[ページ コンテンツ] グループで、[リッチ テキスト] をクリックします。

    クリックしてレンダリングのドラッグを開始すると、レンダリングをドロップできるプレースホルダーが青色に点灯します。または、タッチ パネルを使用してレンダリングをページに指でドラッグするか、[ホーム] タブの [レンダリング] アイコンをクリックします。

  2. レンダリングを目的のプレースホルダーの上に配置し、プレースホルダーが緑色に点灯したら、レンダリングをページにドロップします。

  3. リッチ テキスト コンテンツを編集するには、[フィールドのテキストなし] をクリックします。

  4. リッチ テキスト エディターを開くには、テキストを直接入力するか、[テキストを編集] をクリックします。

    [テキストを編集] をクリックして、リッチ テキスト エディターを開きます。
  5. リッチ テキスト エディターを使用すると、テキストの書式設定を行うことができます。[承認] をクリックしてページにテキストを配置します。

    リッチ テキスト エディター

リッチ テキスト (再利用可能) レンダリングは、書式設定されたテキストをページに追加します。このレンダリングにより、再利用が可能になり、データ ソース アイテムからテキストがプルされます。表示されるコンテンツは、表示されるページにバインドされませんが、データ ソース アイテムに保存されます。これは、スローガン、フッター、ヘッダーなどのテキスト アイテムを繰り返し使用する場合に非常に便利です。

リッチ テキスト (再利用可能) レンダリングをページに追加すると、既存のデータ ソースを選択するか、新しいデータ ソース アイテムを作成できます。テキストや HTML マークアップを追加すると、SXA はテキストを、サイト (Site/Data/Texts) の Data フォルダーに格納します。

リッチ テキスト (再利用可能) レンダリングをページに追加するには、次の手順に従います。

  1. ツールボックスを開きます。[ページ コンテンツ] グループで、[リッチ テキスト (再利用可能)] をクリックします。

    クリックしてレンダリングのドラッグを開始すると、レンダリングをドロップできるプレースホルダーが青色に点灯します。または、タッチ パネルを使用してレンダリングをページに指でドラッグするか、[ホーム] タブの [レンダリング] アイコンをクリックします。

  2. レンダリングを目的のプレースホルダーの上に配置し、プレースホルダーが緑色に点灯したら、レンダリングをページにドロップします。

  3. [関連付けられたコンテンツを選択してください。] ダイアログ ボックスで、目的のコンテンツ アイテムをクリックし、[OK] をクリックします。また、新しいデータ ソースを作成することもできます。

    注記

    再利用可能なテキスト アイテムを変更すると、そのアイテムが使用されているすべてのページのテキストが変更され、次のメッセージが表示されます。

    このコンポーネントには、関連するコンテンツが含まれています。このコンポーネントをパブリッシュすると、同じ関連するコンテンツを使用している他の多くのページにも関連コンテンツがパブリッシュされます