Sitecore Experience Accelerator の紹介

概要

このトピックでは、SXA の概要と用途を紹介します。

Web 開発チームは、Sitecore Experience Accelerator (SXA) を使用して Web サイトの制作をスピード アップし、さまざまなサイトでコンポーネント、レイアウト、テンプレートなどを再利用します。

SXA はデザインから構造を分離しているため、フロントエンド デザイナー、クリエイティブ デザイナー、コンテンツ作成・責任者、開発者は並行して作業することが可能で、複数のサイトを迅速かつコスト効率よく展開および維持できます。基本的なユーザー エクスペリエンス プランが整ったら、誰もがプラットフォームを使い始めることができます。

SXA Web サイトの開発プロセス

SXA は柔軟なツールであり、SXA プロジェクト ワークフローを実行する方法はいくつかあります。すべてのワークフローには独自の利点があり、チームのスキル セットに大きく依存します。ベストプラクティスのセクションでは、SXA プロジェクトのワークフローを説明した解説画像を表示しています。

SXA を使用すると、次のことができます。

  • 最小限の CMS 開発で標準機能を使用してサイトの配信を加速します。

  • 異なる作業ストリームを並行して実行できるようにします。

  • 応答性に優れた、再利用可能なレンダリングを使用してサイトを組み立てます。

  • テーマを使用して、ブランドの一貫性を可能にします。

  • 異なるグリッド システムから選択します。

下の図に示す概要は、プラットフォーム要素とそれらの統合方法を示しています。

SXA プラットフォームの要素

Sitecore SXA は、コンテンツを隔離するためのセキュリティ ロールを作成して割り当てるフォルダー構造、テナント レベルでのセキュリティ ロールの作成、割り当て機能、テナントごとに機能を有効化、無効化する機能を提供することで、マルチテナンシーをサポートします。ユーザーはテナント レベルでページ テンプレートを作成できるため、テナントごとに異なるフィールドをページ アイテムに使用することができます。

ウィザードを使ってテナントやサイトを作成します。

テナント ウィザードの作成。

SXA には、ページの作成を容易にするために、ページにドラッグ アンド ドロップすることができる再利用可能なレンダリングを備えたツールボックスが用意されています。レンダリングは、単純なテキストや画像から、ビデオ、ソーシャル メディア プラグインまでさまざまなものがあります。

SXA のツールボックス

SXA のページは、応答性に優れたグリッド レイアウトを採用しています。グリッドは、ページを等間隔の列に分割します。行と列のスプリッターを使用するか、ページ上でレンダリングのグリッド設定を変更することで、そのページで使用可能な列を分割する方法を決定できます。

グリッドの表示

SXA は、構造 (HTML) をデザイン (CSS) から分離して、Web サイトのデザインを簡単に変更できるようにします。SXA では、簡単にカスタマイズできるようにテーマを使用します。テーマは、スタイル シート、スクリプト、画像などで構成されます。プラグ可能なテーマを SXA に追加して、サイトのスタイルをすばやく変更できます。ユーザーは、ワイヤーフレーム テーマを使用してサイトの開発を開始できます。デザインが完成したら、Creative Exchange を使って、新しいテーマをインポートし、サイトのスキンを作り直すことができます。

パーシャル デザインは、サイトが複数の場所で使用するレイアウトのパーツを含んでいます。ページ デザインはページのプレゼンテーション定義であり、パーシャル デザインとレンダリングで構成されています。

ページ デザイン

サイトの静的表示をエクスポートして、クリエイティブ エージェンシーに送信し、連携することができます。エクスポート ファイルは、サイトのページ、サイトのアセット、サイトのテーマを含む .zip ファイルです。エクスポートされたサイトは、エージェンシーがお気に入りのツールを使って編集することができ、編集が終わったら、改善されたデザインをサイトに戻すことができます。

また、ファイルをサイトに戻すことなくテーマやその他のサイト コンテンツの修正を行うこともできます。 Creative Exchange Live は、テーマなどのコンテンツに変更を加えてすぐに Sitecore 環境に同期させることができるようにする Gulp タスクと連動します。

同じテナント内のサイト間でプレゼンテーションやデータ ソースを共有するだけでなく、ページを共有することもできます。委任された領域としてコンテンツを共有することで、コンテンツ ツリーの 1 か所から集中的にコンテンツを制御することができます。

SXA の Asset Optimizer で CSS スタイルや JS スクリプトを最適化することで、サイトのパフォーマンスを向上させることができます。本番環境で有効にすると、Asset Optimizer は、転送が必要なデータ量を削減することで、サイト全体のパフォーマンスを向上させます。

SXA を使用すると、JSON (JavaScript Object Notation) でデータをモデル化することができます。JSON 機能は、SXA のコンテンツにアクセスするための JSON API を提供します。サイトのコンテンツには、JSON 形式の Web サービス API を介してアクセスできます。特別なレンダリングを使用して JSON レイアウトを構築できますが、Web サイトで既定のレンダリングを使用している場合は、SXA Layout Service を使用して、プレースホルダーやデータ ソース アイテムを JSON で返すことができます。