コンテンツを委任された領域として共有する

概要

1 か所からコンテンツを一元管理します。

同じテナント内のサイト間でプレゼンテーションやデータ ソースを共有するだけでなく、ページを共有することもできます。委任された領域としてコンテンツを共有することで、コンテンツ ツリーの 1 か所から集中的にコンテンツを制御することができます。

注記

変更は、委任された領域として master サイトのコンテンツを使用するすべてのローカル サイトに反映されるため、master サイト レベルでアクセス許可を設定する必要があります。

元のアイテムのフィールドを編集して保存すると、SXA は委任された領域内のすべてのクローン アイテムのフィールドを更新します。master サイトからローカル サイトにアイテムを複製するときに SXA 委任済み領域の使用を有効にすると、これらのアイテムをローカルで変更することはできません。これは、クローンが元のアイテムの単なるコピーではなく、元のアイテムからフィールド値を継承するアイテムであるためです。これは、たとえば、master サイトのブログ投稿を再利用したい場合や、新しいブログ投稿をすべて手動で追加する必要がない場合に便利です。

ページを共有するには、次の手順に従います。

  1. コンテンツ エディターで、共有するアイテムにナビゲートします。これは、単一のページ アイテムでもブランチ アイテムでも構いません。

  2. [設定] タブの [クローン] グループで、[クローンする] をクリックします。

  3. [アイテムのクローン] ダイアログ ボックスで、クローンを保存する場所を選択し、[クローンする] をクリックします。

  4. SXA サイトで作業しているため、[情報] ダイアログ ボックスが表示されます。クローンを SXA 委任済み領域にするには、[はい] をクリックします。

    委任済み領域メッセージ

    作成したクローンは SXA 委任済み領域の一部であり、SXA によって自動的に管理されるため、ローカルでアイテムを変更することはできません。

    委任済み領域の一部であるクローン
  5. サイト内の委任済み領域を表示するには、site\Settings\ にナビゲートし、[データ] セクションで、委任済み領域のリストを確認できます。

    コンテンツ エディターの委任済み領域のリスト