スクロール API

Current version: 4.0

スクロール API は、ディープ ページングのコストを防ぐための回避策です。 これを使用すると、単一のクエリから多数の結果 (またはすべての結果) を取得できます。

スキップ パラメーターはサポートされておらず、行えるのはリソースを介した次ページの要求のみです。 結果が返されなくなるまで、または最後のページに到達するまで、ページングを続行できます。

リソースは次の URL で入手できます。

RequestResponse
GET http://hostname/api/entities/scroll/

[!注] サポートされているのは GET メソッドのみです。 クエリ API とスクロール API の違いはページング引数のみであり、他はすべて同じです。

[!重要] スクロール API は、クエリを最初に実行したときに結果セットのスナップショットを取得します。 このスナップショットが維持されるのは限られた時間のみで、次のページを要求するたびに延長されます。 これはデータベースのライブ ビューではないため、すでに変更または削除されたデータが含まれている場合があります。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,