定数

Current version: 4.0

SDK には、実装で再利用できる複数の定数が用意されています。 定数は、Constants クラスの Stylelabs.M.Sdk にあります。

構造

Constants クラスは、複数のサブクラスで構成されています。 これらのサブクラスの構造は次のとおりです。

一方で、エンティティ定義 (Asset、AssetType、Job ...) ごとに次の情報を含むクラスがあります。

  • 定義名
  • プロパティ名
  • リレーション名
  • エンティティ情報 (組み込みエンティティの値)

また、REST API に関する次の情報があります。

  • API のルート パス
  • ヘッダー
  • エンドポイント
    • テンプレート名
    • テンプレート変数

定数の拡張

Constants クラスは、既定の定数を「ラップ」することで拡張できます。

RequestResponse
using Stylelabs.M.Sdk;

namespace Stylelabs.M.WebSdk.Examples
{
    public static class CustomConstants
    {
        public static class Asset
        {
            public const string DefinitionName = Constants.Asset.DefinitionName;

            public const string CustomProperty = "MyCustomPropertyName";
        }
    }
}

SDK の定数ファイルの定数は、必要に応じて除外したり含めたりできます。 カスタム定数を追加することもできます。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,