複数のインデックス (シャーディング)

概要

シャーディングを使用して、データを個別の検索インデックスに格納します。

インデックスのシャーディングは、1 つのインデックス内の複数ドキュメントを、より小さなパーティションに分割するプロセスです。この小さなパーティションを、シャードと呼びます。シャーディングの結果、すべてのドキュメントが 1 つの大きなインデックス内に収容されるのではなく、ドキュメントが複数のシャード間に分散されます。シャーディング プロセスには、どのドキュメントをどのシャードに割り当てるかを決定するロジック (「シャーディング戦略」) が存在します。

ほとんどの Sitecore ソリューションのニーズは、1 つのインデックスだけで対応できますが、インデックスを複数用意することで、必要に応じた効率的なスケーリングが可能になります。

Solr を使用する場合、シャーディングは Sitecore によって処理されません。代わりに、Solr アプリケーションの SolrCloud 機能がシャーディングを処理します。

Solr はドキュメントを各シャードに自動的に割り当てることができるだけでなく、シャードのレプリケーションなどの追加機能もあります。レプリケートしたシャードは、障害時やフェールオーバーの処理に役立ちます。

Solr の Sitecore 実装は、シャーディングされていないエンドポイントを処理する場合と同じ方法で、シャーディングされたエンドポイントを処理します。Solr によってシャーディングされたインデックスを操作するための特別な設定は必要ありません。

注記

Sitecore はフェールオーバーを完全にはサポートしていません。具体的には、現在のサーバー (リーダー) が停止した場合、(Solr クライアントとしての) Sitecore は、Solr サーバー (Solr レプリカ) 間の切り替えを行えません。

SolrCloud の設定の詳細については、次の URL にアクセスしてください。https://cwiki.apache.org/confluence/display/solr/SolrCloud