Commerce インタラクション キャッシュ

概要

Commerce インタラクション キャッシュおよびそれによって格納される Commerce データの概要。

Commerce インタラクション キャッシュは、CommerceInteractionsCache クラスによって表され、インタラクション キャッシュと同様です。連絡先の Commerce インタラクションとイベントに関する情報を保存する計算されたファセットです。Commerce インタラクション キャッシュは、基盤となる検索プロバイダーが結合をサポートしていない場合の挙動検索に使用され、セグメント化を実行するときに役立ちます。また、ストアフロント サイトで使用するパーソナライゼーション ルールを作成する際のキャッシュ メカニズムとしても役立ちます。「ファセット結合ハンドラーの作成」も参照してください。

注記

CommerceInteractionsCache は、セッション終了イベントで自動的に作成および更新されます。

次の設定オプションは、xConnect サーバー ロールにある \App_data\config\sitecore\Collection\sc.XConnect.Collection.Model.Commerce.Plugins.xml 設定ファイルで利用できます。

次のエントリを両方設定する必要があります: IContactMergeHandler.CommerceInteractionsCacheHandler および ICalculatedFacetHandler.CommerceInteractionsCacheHandler

プロパティ

説明

MaximumInteractionCount

キャッシュの再構築または更新中に xDB が検査するインタラクションの最大数を指定します。デフォルト値は 42 のインタラクションです。

MaximumCacheEntryCount

ゴール、ページ イベントなど、カテゴリー別にキャッシュ内のアイテムの最大数を指定します。デフォルト値は 50 のエントリです。

MaximumInteractionPeriod

キャッシュの再構築または更新中に xDB が使用するインタラクションの最長期間を指定します。デフォルト値は 30 日です。

重要

Commerce インタラクション キャッシュは、セグメント化エンジンによって使用されます。MaximumInteractionPeriod を超えるインタラクション データに依存する条件は、正しく評価されない可能性があります。自動化計画の条件に合うようにインタラクション キャッシュを設定する必要があります。Commerce インタラクション キャッシュから値を読み込んで返すために使用されるのは、IContactCommerceInteractionProvider です。

Commerce インタラクション キャッシュには、次のプロパティが含まれています。

プロパティ

説明

Orders

連絡先が最後に行った注文のリストが、注文日時順に含まれています。

AbandonedCarts

連絡先によって放棄された最後のカートのリストが含まれています。

VisitedCategories

連絡先が表示した最新の表示カテゴリーのリストが含まれています。

VisitedProducts

連絡先が表示した最新の商品のリストが含まれています。

重要

現在、Azure Search の制限により、次の 3 つのプロパティと 2 つのモデルが DoNotIndex に設定されています。これは、xConnect を介してクエリを実行できないことを意味します。SOLR を使用している場合は、設定を変更すれば検索可能になります。

  • CommerceInteractionsCache.AbandonedCarts プロパティ

  • CommerceInteractionsCache.VisitedCategories プロパティ

  • CommerceInteractionsCache.VisitedProducts プロパティ

  • VisitedCategory モデル

  • VisitedProduct モデル

詳細については、「カスタム モデルのデプロイ」を参照してください。