CommerceTracker と CMS 専用モード

CMS 専用モードには、xConnect トラッカーと xDB を無効にするとなります。この一般的なシナリオは、次の 2 つです。

  • 売上のピーク期間がある場合 (ブラック フライデーなど) は、xConnect トラッカーと xDB を無効にして、Sitecore がより迅速に要求を処理できるようにすることができます。

  • データの収集や分析を行う必要がない場合。

CMS 専用モードでは、追跡は行われません。そのため、インタラクションは xDB に記録または保持されません。また、xDB のコンタクトは保持されないため、新しいユーザー登録は xDB のコンタクトまたは対応する個人情報ファセットやメール ファセットに関連付けられず、ユーザーの名前やメール アドレスが Experience Profile やマーケティング オートメーション キャンペーンに表示されません。xDB を再度有効にして、ユーザーがストアフロントにログインすると、ユーザーの新しいコンタクト (および対応するファセット) が作成されます。ユーザー情報は同期され、Experience Profile やマーケティング オートメーションなどの他のモジュールで使用するために xDB で情報が使用可能になります。

Commerce では、トラッカーの有効モードと無効 (CMS 専用) モードは、CommerceTracker という抽象化によって処理されます。

警告

CMS 専用モードを処理するには、ストアフロントや Commerce Connect のカスタマイズで xConnect トラッカーを直接使用せず、代わりに CommerceTracker を使用してください。

ストアフロントで CMS 専用モードを使用する場合、CommerceTracker はプロバイダーのアクティビティを調整し、現在のプラットフォームの設定に基づいて適切なプロバイダーが読み込まれるようにします。使用されるプロバイダーは、次の 2 つです。

  • xDB が有効で Sitecore xConnect トラッカーとインタラクションを行う場合は、PlatformTrackerProvider が使用されます。  

  • CookieTrackerProvider は、Cookie (SC_COMMERCE_GLOBAL_COOKIE) を使用して追跡を実装します。Cookie は、ブラウザーに保存および保持されます。

CommerceTracker は、静的クラスです。

CommerceTracker の静的クラスの図

次の表に、CommerceTracker クラスのプロパティを示します。

プロパティ

戻り値

Current

ICommerceTracker インターフェイスをサポートする現在のシステム設定に基づくトラッカー。

IsXdbEnabled

xDB が有効な場合は True、無効の場合は False。

2 つのデフォルトのトラッカーが ICommerceTracker インターフェイスを実装します。

ICommerceTracker インターフェイスの図と PlatformTracker クラスと CookieTrackerProvider クラスの図。

ICommerceTracker は、以下のプロパティとメソッドをサポートしています。

プロパティ

戻り値

ContactId

現在のコンタクトの ID。エクスペリエンス エディターでは、どちらのバージョンも静的 GUID を返して、同じユーザーが常に使用されるようにします。PlatformTrackerProvider バージョンは、コンタクト ID を提供します。

実行時のサイトの認証済みユーザー用の CookieTrackerProvider バージョンでは、Sitecore.Context.UserName が返されます。匿名ユーザーには、Cookie (SC_COMMERCE_GLOBAL_COOKIE) で新しい GUID が割り当てられます。

ContactUserName

PlatformTrackerProvider バージョンは、CommerceUser トラッカー ソースに保存されているユーザー名を返します。CookieTrackerProvider バージョンは、ContactId で同じ値を返します。

メソッド

EndVisit

トラッカーの Cookie を削除します。顧客は資格情報を再入力する必要があります。

IdentifyAs(source, username)

PlatformTrackerProvider バージョンでは、CommerceUser のソース識別子でユーザーを識別します。Cookie バージョンでは、Cookie がない場合に Cookie を作成します。

ICommerceTracker インターフェイスを実装するタイプは、Connect の設定に基づいて動的にインスタンス化されます。Sitecore.Commerce.config ファイルには、パッチを適用できる次のデフォルトのエントリが含まれています。

  <platformCommerceTracker type="Sitecore.Commerce.Providers.PlatformTrackerProvider, Sitecore.Commerce.Connect.Core" singleInstance="true"/>
<cookieCommerceTracker type="Sitecore.Commerce.Providers.CookieTrackerProvider, Sitecore.Commerce.Connect.Core" singleInstance="true"/> 

読み込まれたタイプを置き換えることにより、機能を変更または拡張できます。ICommerceTracker インターフェイスを実装する独自のタイプを指定するか、既存のものを拡張できます。