SXA スクリプト ライブラリ

概要

SXA には、最も一般的なタスクに役立つスクリプトが多数含まれています。

SXA には、最も一般的なタスクを自動化するための PowerShell スクリプトが多数含まれています。Sitecore PowerShell 拡張機能 (SPE) モジュールによってコマンド ラインとスクリプト環境が提供されるため、Sitecore 内から PowerShell を使用できます。このため、Windows PowerShell 構文に従ってコマンドを実行し、スクリプトを作成できます。SPE を使用するすべての SXA モジュールには、sitecore\システム\モジュール\PowerShell\Script Library の場所に独自のスクリプト ライブラリがあります。

これらのスクリプトの命名規則は、SXA - モジュール名です。

D0815973B19F47F4AD1979ACDBDF6FFD.png

注記

PowerShell スクリプトを使用すると、定期的に行っている日常タスクを自動化できます。独自のスクリプトを作成したり、既存のスクリプト コードを表示したりするには、PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE) を使用します。Sitecore のスタート画面からこのツールにアクセスできます。

C6B1729442844F20A21E486CC0AA4A7B.png

SXA スクリプトの種類は、クリーンアップ スクリプトから、アイテムに挿入オプションを追加するコマンドレットまでさまざまです。

  • Scaffolding – サイトやテナントの作成プロセスを自動化するためのスキャフォールディング作業に使用されるスクリプト。

  • コンテキスト メニュー – コンテンツ エディターを使用するエディターに提供されるスクリプト。たとえば、データソースのクリーンアップ スクリプトは次のようになります。

    49199728150943779499931A70CA2B68.png
  • コマンドレット – SPE で使用され、他の開発者が再利用できる軽量のコマンド。

  • アイテムの挿入 – コンテンツ エディターの挿入セクションを拡張するスクリプト。

次の表は、利用可能な SXA スクリプト モジュール、その機能、説明、およびスクリプトのタイプを示します。

モジュール

機能

説明

スクリプトのタイプ

SXA – Compliancy

AddCookieWarning

パーシャル デザインに Cookie 警告のレンダリングを挿入します。

Scaffolding

SXA – Creative Exchange

ResolveCreativeExchangePathTokens

Creative Exchange FileStorageプロバイダー定義アイテムのパス トークンを解決し、データ フォルダーに一意のパスを作成できるようにします。これにより、さまざまなサイトによってフォルダーのコンテンツが上書きされるのを防げます。

Scaffolding

SXA – Forms

フォーム フォルダーを設定する

サイト定義アイテムに WFFM Forms ルート フォルダーを設定します。これにより、すべてのサイトに独自のフォーム ルート フォルダー含めることができます (デフォルトでは、WFFM ではグローバルなフォーム ルート フォルダーは 1 つしかありません)。

Scaffolding

SXA – Geospatial

POI アイテムを割り当てる

POI タイプにデフォルトのレンダリング バリアントを割り当てます。これにより、新しい各サイトは、サイト固有の ID の、同じレンダリング バリアントを持つことができます。

Scaffolding

SXA – LocalDatasources

データ フォルダーをクリーンアップする

ページ データ フォルダーで使用されていないデータソースを検索して消去します。

コンテキスト メニュー

SXA – Multisite

コンテンツ フィールドを追加する

新しい テナント テンプレートを追加のフィールドで装飾します。[コンテンツ] および [タイトル] フィールドを ページ テンプレートに追加します。

Scaffolding

ホーム ベース テンプレート

テナント テンプレート下のホーム テンプレートにベース テンプレートを追加します。ページ テンプレートをベース テンプレートとして追加します。

Scaffolding

ホーム アイテムのタイトル フィールドを設定する

サイトの作成後にホーム アイテムのタイトルを設定します。

Scaffolding

スタート アイテムを設定する

サイト定義アイテムにスタート アイテムを設定します。デフォルトでは、スタート アイテムはすべてのページのルートであるホーム アイテムです。

Scaffolding

SXA – Search

デフォルトの並べ替えファセットを設定する

データソースを並べ替えるためのデフォルト ファセットとしてタイトル ファセットを割り当てます。

Scaffolding

SXA – Site Metadata

AddBrowserTitle

ブラウザー タイトルのレンダリングをメタデータのパーシャル デザインに挿入します。

Scaffolding

AddCustomMetadata

CustomMetadata のレンダリングをメタデータのパーシャル デザインに挿入します。

Scaffolding

AddFavicon

Favicon のレンダリングをメタデータのパーシャル デザインに挿入します。

Scaffolding

AddOpenGraphMetadata

OpenGraph のレンダリングをメタデータのパーシャル デザインに挿入します。

Scaffolding

AddSeoMetadata

SeoMetadata のレンダリングをメタデータのパーシャル デザインに挿入します。

Scaffolding

AddStickyNotes

StickyNotes のレンダリングをメタデータのパーシャル デザインに挿入します。

Scaffolding

AddTwitterMetadata

TwitterMetadata のレンダリングをメタデータのパーシャル デザインに挿入します。

Scaffolding

AddViewport

Viewport のレンダリングをメタデータのパーシャル デザインに挿入します。

Scaffolding

SXA – Scaffolding

MultisiteContext/Get-DataItem

IMultiSiteContext インターフェイス用の PowerShell ラッパー。

現在のサイトのデータ フォルダーを解決します。

コマンドレット

MultisiteContext/Get-SettingsItem

IMultiSiteContext インターフェイス用の PowerShell ラッパー。

現在のサイトの設定フォルダーを解決します。

コマンドレット

MultisiteContext/Get-SiteItem

IMultiSiteContext インターフェイス用の PowerShell ラッパー。

現在のサイトのサイト アイテムを解決します。

コマンドレット

MultisiteContext/Get-SiteMediaItem

IMultiSiteContext インターフェイス用の PowerShell ラッパー。

現在のサイト用に仮想メディア ライブラリを解決します。

コマンドレット

MultisiteContext/Get-TenantItem

IMultiSiteContext インターフェイス用の PowerShell ラッパー。

現在のサイト用にテナント アイテムを解決します。

コマンドレット

PresentationContext/Get-PageDesignsItem

IPresentationContext インターフェイス用の PowerShell ラッパー。

現在のサイト用にページ デザイン フォルダーを解決します。

コマンドレット

PresentationContext/Get-PartialDesignsItem

IPresentationContext インターフェイス用の PowerShell ラッパー。

現在のサイト用にパーシャル デザイン フォルダーを解決します。

コマンドレット

Add-BaseTemplate

ベース テンプレートを追加するコマンドレット。

コマンドレット

Add-FolderStructure

指定されたパス構造のフォルダーが存在しない場合にフォルダーを再作成するコマンドレット。

コマンドレット

Add-InsertOptionsToItem

InsertOptions (マスター) をアイテムに追加するコマンドレット。

コマンドレット

Add-InsertOptionsToTemplate

InsertOptions (Masters)テンプレート アイテムを追加するコマンドレット。

コマンドレット

Get-PartialDesign

パーシャル デザイン フォルダーの中にある最初のパーシャル デザインを返します。

コマンドレット

Test-ItemIsPartialDesign

アイテムが PartialDesignTemplate を継承するかどうかを確認します。

コマンドレット

Test-ItemIsSiteDefinition

アイテムが SiteDefinitionTemplate を継承するかどうかを確認します。

コマンドレット

New-Site

新しいサイトを作成するために使用されるすべての機能が含まれています。

コマンドレット

New-Tenant

新しいテナントを作成するために使用されるすべての機能が含まれています。

コマンドレット

Site

ユーザーが新しいサイトを作成するための、コンテキスト メニューの [挿入] オプションにスクリプトを追加します。次のルールが満たされたときに表示されます。

Rule 1
where the item template is SiteFolder
Rule 2
where the item template is Tenant

アイテムを挿入する

Tenant

ユーザーが新しいテナントを作成するための、コンテキスト メニューの [挿入] オプションにスクリプトを追加します。次のルールが満たされたときに表示されます。

Rule 1
where the itemID is equal to Content
Rule 2
where the item template is Tenant Folder

アイテムを挿入する