エンティティ バージョンの操作

概要

エンティティ バージョンを作成してパブリッシュする方法、または特定のバージョンに関する情報を表示する方法。

デフォルトでは、バージョン管理は、カタログ、カテゴリ、Sellable 商品に対して有効です。他のタイプの Commerce エンティティに対してバージョン管理を有効にする場合は、設定ポリシーを変更することにより、この機能を設定できます。

注記

リレーションシップはバージョン管理されません。すべてのエンティティ バージョンには、同じ定義済みのリレーションシップがあります。つまりひとつのエンティティ バージョンに関連するリレーションシップを変更すると、変更は自動的にすべてのバージョンに適用され、いずれかのバージョンがすでにパブリッシュされている場合、リレーションシップへの変更は自動的にライブ サイトに反映されます。ただし、BundleToSellableItem および BundleToSellableItemVariant だけは例外です。これらはバージョン管理されており、バージョンごとに異なる場合があります。

Commerce アイテムを変更する場合は、アイテムの新しいバージョンを作成する必要があります。

新しいエンティティ バージョンを作成するには、次の手順に従います。

  1. Commerce アイテムの詳細ページにある [サマリー] セクションのドロップダウン メニューで [エンティティ バージョンを追加] をクリックします。

  2. 確認するには、確認ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

  3. 新しいバージョンを編集するには、[エンティティ バージョン] セクションの ”バージョン” フィールドで対応する番号をクリックします。

    ブラウザーの URL も、アクティブなエンティティ バージョンを反映するように変更されます。

  4. Commerce アイテムに必要な変更を加えます。

変更を Commerce アイテムにパブリッシュする準備ができたら、エンティティ バージョンをパブリッシュ ワークフローに配置します。

デフォルトでは、新しいエンティティ バージョンは、ワークフローで次の状態に移行するまで、常に ”ドラフト” ステータスです。エンティティがすでにパブリッシュされている場合、変更またはリパブリッシュすることはできません。

エンティティ バージョンをパブリッシュするには、次の手順に従います。

  1. Commerce アイテムの詳細ページにある [サマリー] セクションのドロップダウン メニューで [次のワークフロー状態へ進める] をクリックします。

  2. [次のワークフロー状態へ進める] ウィンドウ、現在のワークフロー状態が ”ドラフト” として表示されます。”コマンド” フィールドで [投稿] をクリックし、チェック マークをクリックして確認します。

  3. Commerce アイテムを次の状態に移行するには、[サマリー] セクションのドロップダウン メニューにある [次のワークフロー状態へ進める] をクリックします。

  4. [次のワークフロー状態へ進める] ウィンドウの ”コマンド” フィールドで、現在のワークフロー状態が [承認待ち] として表示されます。

    • 商品への変更を承認するには、[承認] をクリックします。Sitecore は Commerce アイテムの新しいバージョンをパブリッシュし、”パブリッシュ済み” 値を true に設定します。

    • 商品への変更を拒否するには、[却下] をクリックします。クリックすると Sitecore は、エンティティ バージョンを [承認待ち] 状態に戻します (また、”パブリッシュ済み” フィールドの値は false のままとなります)。

注記

エンティティ バージョンをパブリッシュしない限り、[承認待ち] 状態のエンティティを含む Commerce アイテムのバージョンは引き続き編集できます。

商品の変更履歴を確認する場合は、エンティティの異なるバージョンを表示できます。

特定のエンティティ バージョンに関連付けられている情報を表示するには、次の手順に従います。

  • Commerce アイテムの詳細ページにある [サマリー] セクションで、関連するバージョン番号をクリックします。

古いエンティティ バージョンの詳細を表示すると、新しいバージョンが存在すること (最新バージョンがパブリッシュされていない場合) または新しいバージョンがパブリッシュされていることを示すメッセージがページの上部に表示されます。