ワークフローとワークボックス

概要

承認されたアイテムのみをパブリッシュするには、アイテムのワークフローを設定できます。

ワークフローは、組織の Web コンテンツを作成する作業プロセスと手順を反映する一連の事前定義された状態です。たとえば、ワークフロー状態は、アイテムが Web サイトにパブリッシュされる前に通過する作成、レビュー、承認の各段階に対応している場合があります。

ワークフローを使用すると、コンテンツの承認とパブリッシュのプロセスを制御し、承認済みのコンテンツのみをパブリッシュできます。

ワークフローは、状態コマンドアクションの 3 つの要素で構成されます。

ワークフローには、ワークフロー状態をいくつでも含めることができ、必要に応じて単純または複雑にすることができます。アイテムは、必ずしも定義したすべてのワークフロー状態を通過する必要はありません。一部の状態はオプションである場合もあれば、特定の種類のコンテンツにのみ適用される場合もあります。

ワークボックスは、編集履歴やワークフロー状態ごとに確認できるアイテム数など、ワークフロー内のアイテムに関する情報を表示する Sitecore のツールです。ワークボックスでは、ワークフロー内のすべてのアイテムを確認できます。

Sitecore では、さまざまなワークフローをいくつでも実装できます。少なくとも、各ワークフローには、初期状態と最終状態の 2 つのワークフロー状態が必要です。アイテムがワークフローの最終状態に遷移している場合にのみ、ワークフローのアイテムをパブリッシュできます。

ワークフローの例は、次のとおりです。

ワークフロー状態、コマンド、およびアクションの図

この例で、ワークフローは、編集レビューパブリッシュ済みの 3 つの状態で構成されています。

次のワークフロー アイテムはすべてコンテンツ ツリーに保存されます。

  • ワークフロー – ワークフローを構成するすべてのサブアイテムを含む親アイテム。

  • 状態 – ワークフローの基本的な構成要素です。ワークフロー状態は、コンテンツ作成プロセスのさまざまな段階を表します。

  • コマンド – コンテンツ アイテムを、あるワークフロー状態から別のワークフロー状態に移動します。コマンドが実行されると、アイテムは、コマンド アイテムに定義されているワークフロー状態に移動します。

  • アクション – アイテムが特定のワークフロー状態にある場合、または特定のワークフロー コマンドが実行された場合に、アイテムに対して自動的に実行される操作です。

  • 注記

    管理者は、ワークフロー状態を上書きできます。また、状態間でアイテムを移動したり、いつでもアイテムをパブリッシュしたりできます。

ワークボックスは、ワークフローにあるすべてのアイテムの概要を提供し、これらのアイテムを管理できるようにします。

ワークボックスでは、ワークフロー内のアイテムの編集履歴、各アイテムのワークフロー状態、および各ワークフロー状態内のアイテム数を確認できます。

ワークフロー状態の各アイテムについて、同じアイテムの異なるバージョンの比較、表示、プレビューを行うことができます。また、RSS フィードを設定することで、アイテムに変更があったときや、アイテムのバージョンが特定のワークフロー状態に出入りしたときに通知を受け取ることができます。

ワークボックスは、スタート画面から開くことができます。

ワークボックス