エラー オブジェクト

要求を実行できなかった場合、エラー オブジェクトが返されます。 このオブジェクトは、エラーの理由が必要な場合に、たとえばユーザー インターフェイスで使用することを目的としています。 オブジェクトには、次のプロパティが含まれます。

名前説明
Message文字列エラーの説明を含む人間が判読できるメッセージ
ModelStateオブジェクト(任意) さまざまなプロパティの検証結果を含むディクショナリ オブジェクト。

RequestResponse
{
    "Message":"It's your fault!"
}

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,