推奨事項: SXA パフォーマンスの向上

概要

SXA パフォーマンスの向上

このトピックでは、ページの読み込み時間を改善するための推奨事項について説明します。

訪問者のエクスペリエンスを向上させるために、レンダリングの HTML キャッシュ設定を調整すること検討します。SXA には、レンダリング用のドーナツ キャッシュなど、機能豊富で設定可能な HTML キャッシュ層があります。SXA を使うと、パーソナライズしたい 1 つか 2 つのレンダリングとは別に、ページ全体をキャッシュできます。

1 つのページでレンダリングを多用しないでください。30 を絶対上限とすることをお勧めします。1 ページに編集可能なレンダリングが多すぎると、エクスペリエンス エディターの速度が低下する可能性があります。このため、複数のページで使われる共通要素をすべてパーシャル デザインに配置することを検討します。 

コンテンツ テストでは、Testing index の再構築など、さまざまなアクションにスケジュールされたタスクを使います。この機能を使わない場合、コンテンツ テストを無効にして、不要なサーバー負荷を避けます。コンテンツ テストは、エクスペリエンス エディターが編集用にページをレンダリングするために必要な時間に大きく影響します。

サイトの開発中、またはコンテンツ テストを使う予定がない場合は、構成パッチを使ってこの機能をオフにします。テストを開始する予定のないユーザーを Analytics Testing ロールに配置しないでください。エクスペリエンス エディターでは、このロールを持たないユーザーに対してコンテンツ テスト UI をロードしません。

SXA Asset Optimizer は、CSS スタイルと JavaScript を最適化し、転送が必要なデータの量を減らすことで、エンド ユーザー エクスペリエンスを向上させます。実稼働環境でのサーバーへの往復の数を制限するために、サイトで Asset Optimizer が有効になっていることを確認します。