推奨事項: SXA プロジェクト ワークフローの例

概要

SXA プロジェクトを効果的に運用する方法。

SXA は柔軟なツールであり、SXA プロジェクト ワークフローを運用する方法はいくつかあります。どのワークフローにも独自の利点があり、チームのスキル セットによって大きく左右されます。次のインフォグラフィックは、フルサービスの代理店での実装でうまくいき、効率的であることがわかった SXA プロジェクトのワークフローを示しています。

implementation_process_2.ai

どの SXA プロジェクトも、SXA をどのように使用するかを決めることから始めます。

  • Web サイトのゴールを定義します。

  • 成功を測定するため KPI を定義します。

サイトのコンテンツとスタイルについて考えてみましょう。

  • コンテンツやプレゼンテーションを共有する必要がある場合は、テナント内の専用スタイル コンテナとして共有サイトの利用を検討します。すべてのテナント内に共有サイトを用意することをお勧めします。こちらで、コンテンツの共有に関する推奨事項をお読みください。

  • 多言語実装は必要ですか?

SXA、そのデフォルト レンダリング、またレンダリング バリアントを定義する SXA の機能について、デザイン プロセスの開始時に UX およびデザイン チームに通知し、すぐに使えるコンポーネントの使用を勧めます。各コンポーネントの機能と目的を理解することが重要です。コンポーネントのクローンや、より複雑なソリューション向けにカスタム コンポーネントを作成する可能性について説明します。フローチャートを使えば、カスタム コンポーネントを作成する必要があるかどうかの判断に役立ちます。

完成したデザインと SXA のすぐに使えるツールセットとの間のギャップ分析を実行します。OOTB コンポーネントを使ってデザインをマッピングし、使用できるコンポーネントとカスタム開発が必要なコンポーネントを確認します。

SXA の専門アーキテクトにサイトのページ レイアウトとコンポーネントをデザインさせ、コンテンツ編集担当者や開発者が利用できるサンプル ページをまとめます。

SXA の専門家がレイアウトとレンダリングの最初のドラフトの例を定義し、MVP が利用可能になった後、以下の各タスクを並行して実行できます。