Scriban テンプレート

概要

Scriban テンプレートおよびその使用方法の概要。

Scriban テンプレートは SXA レンダリング バリアントに保存され、追加のレンダラーとして使用できます。たとえば、フィールド レンダラー、セクション、またはタグとして使用できます。Scriban テンプレートは他のレンダラーと共存できますが、これらを使用して既存のレンダリング バリアントを置き換えることもできます。

コンテンツ ツリーから Scriban コマンドにアクセスする方法。

Creative Exchange を使用して Scriban テンプレートをエクスポートおよびインポートできます。これにより、フロントエンドの開発者は、コンポーネントのマークアップと機能に関してはるかに柔軟に対応できます。Scriban テンプレートは、単純なトークンをレンダリングするものから、コンポーネントを全面的に代替するものまで、さまざまです。たとえば、次のレンダリング バリアントは Gallery コンポーネントのコンテンツをレンダリングします。

{{-
  if i_item.template_name == "Gallery Image"
    sc_editframe i_item 'Gallery Image' -}}
    <a class="field-image">
      <a title="{{ i_item.ImageTitle.raw }}" href="{{ i_item.Image.media_url }}">
      {{ i_item.Image }}
      </a>
    </a>{{
    sc_endeditframe
  end -}}

{{-
  if i_item.template_name == "Gallery Video"
    sc_editframe i_item 'Gallery Video'
    if (i_item.VideoID.raw ) == "" &&(i_item.VideoThumbnail.raw) == "" -}}
      <span>[Edit Gallery Video here]</span>{{
    else -}}
      <a title="{{i_item.VideoTitle.raw }}" href="http://www.youtube.com/watch?v={{ i_item.VideoID.raw }}">
      <img src="{{ o_model.thumbnail_url }}" alt="{{ i_item.VideoDescription.raw }}"
             data-title="{{ i_item.VideoTitle.raw }}" data-description="{{ i_item.VideoDescription.raw }}" ></img>
      </a>{{
    end
    sc_endeditframe
  end }}

この例では、アイテム テンプレートに基づいて HTML コードの一部を条件付きでレンダリングする方法、レンダリング C# モデルにアクセスする方法、そのプロパティとアイテム プロパティを呼び出す方法を示します。 また、コンポーネントの領域を編集フレームで囲み、編集作業のエクスペリエンスを高めます。

このセクションのトピックでは、Scriban テンプレートに関する Sitecore 拡張機能について説明します。

注記

基盤となるテンプレート言語組み込み関数 については、Scriban GitHub repository に一般的なドキュメントが用意されています。

Scriban の使用方法のデモについては、Discover Sitecore チャンネルでビデオをご覧ください。