Creative Exchange の使用

概要

Creative Exchange モジュールを使用して、静的な HTML、CSS、および JS ファイルでサイトのスタイルを設定します。

Creative Exchange プロセスは、1 つの Web サイトで複数の異なるチームが共同作業をしやすいように設計されています。たとえば、サイトのテーマを担当しているチームは、他のチームと並行して作業を進めることができます。

Creative Exchange では、サイトをエクスポートして、すべてのワイヤーフレームとすべてのコンテンツを含む ZIP ファイルを生成できます。 クリエイティブ エージェンシーや社内のフロントエンド開発者は、静的な HTML をオフラインで使用できます。デザインの準備が完了したら、この ZIP ファイルを送り返して再度インポートし、プロセスを継続できます。

4E4C149F79E64D2D83746300084F53AD.png

SXA のベース テーマには、core CSS と JavaScript が付属しています。クリエイティブ エージェンシーや社内のフロントエンド開発者は、希望するツールを使って HTML クラスを修正・拡張したり、CSS/JavaScriptS/アセットを追加したりできます。たとえば、特定のレンダリングにスタイルを HTML で追加した場合、インポート プロセスはこの新しいクラスを識別してシステムに適用します。

SXA では、スタイルシート内で通常参照される画像、フォント、ファイルなどのアセットはすべてテーマの一部と見なされ、CSS の変更とともにインポートされます。

注記

JavaScript と Gulp に精通している場合は、Creative Exchange Live を使用して、サイトのデザインを変更する時間を短縮することを検討できます。