レンダリング バリアントを使用して商品情報を表示する

概要

レンダリング バリアントの概要と設定方法。

SXA の Commerce レンダリングには、商品情報レンダリングが含まれており、商品詳細ページの商品名や説明を表示するために使用されます。この情報を表示する別の方法として、標準の SXA レンダリングのバリアントを使用する方法があります。

SXA Storefront をインストールすると、SXA レンダリング バリアントが /sitecore/Content/Sitecore/Storefront/Presentation/Rendering Variants フォルダーにインストールされます。追加のコマース専用レンダリング バリアントもページ コンテンツ レンダリングで利用可能になります。このレンダリングを使うと、単一 SXA コンポーネントで名前、説明および別の商品フィールドを表示できます。これは、エクスペリエンス エディターの [ツールボックス] にある [Commerce カタログ] セクションで利用できる商品情報レンダリングに代わる方法です。

SXA レンダリングのリッチ テキストタイトルはカタログ商品でも使用できます。使用するには、商品情報や表示名などを表示するためのカスタム レンダリング バリアントを作成します。カタログ商品は、デフォルトのレンダリング バリアントで使用される名前とは異なるフィールド名を使用するため、カスタム レンダリング バリアントを作成する必要があります。

ストアフロントは、単一ページを使用して、さまざまな商品を表示します。CatalogItemResolver パイプライン プロセッサーは、現在の商品コンテキストを設定します。

SXA レンダリング バリアントの商品アイテム フィールドを使用できるようにするために、ResolveCatalogContext パイプライン プロセッサーは以下の条件に基づいて、現在の商品にこれらレンダリングのデータ ソースを動的に設定します。

  • レンダリングがページ コンテンツ、リッチ テキスト、またはタイトルのいずれかである。

  • 商品コンテキストが設定されている。

  • レンダリングのデータ ソースがコントロール プロパティでまだ設定されていない。