エクスペリエンス エディター

概要

エクスペリエンス エディターは Sitecore が提供する最もシンプルな編集ツールです。

エクスペリエンス エディターは、直接ページ上から簡単にアイテムを変更できる WYSIWYG (What You See Is What You Get) エディターです。ページ上に表示されるすべてのアイテム (テキスト、図、ロゴ、リンクなど) を編集できます。

エクスペリエンス エディターでは、現在のアイテムのフィールドやページ上にレンダリングされた任意のアイテムのフィールドを編集できます。たとえば、ページ上のメニューが、プロダクト アイテムのタイトルで構成されている場合、プロダクト アイテム自体に移動しなくてもタイトルを編集できます。

エクスペリエンス エディター

このトピックでは、次のことについて説明します。

エクスペリエンス エディターでは、Web ページの上部に表示されるリボンから、すべての使用可能な機能にアクセスできます。

エクスペリエンス エディターのすべての機能にアクセスできる権限がある場合、リボン上のすべてのタブにアクセスできます。タブごとに独自のコマンドのコレクションがあります。

エクスペリエンス エディターのリボン

少なくとも、Web サイトのページの挿入と削除は可能であると期待できます。どのリボンを使用する場合でも、常に左上に [保存] ボタンが表示されます。

アイテムを編集する際は、リボンの非表示 HideRibbon.png をクリックし、一時的にリボンを非表示にして作業スペースを広げることができます。 リボンの表示 ShowRibbon.png をクリックすると、リボンが表示されます。

適切なアクセス権限がある場合、エクスペリエンス エディターで編集可能なアイテムを表示する方法を変更できます。

リボンの [表示] タブで、エクスペリエンス エディターを設定する方法は次のとおりです。

  • 編集可能なテキスト フィールドを表示するには、[コンテンツ編集] チェックボックスをオンにします。エクスペリエンス エディターのフィールドにカーソルを合わせると、点線の輪郭線でテキスト フィールドが表示されます。

  • レンダリングとプレースホルダーを表示するには、[デザイン変更] チェックボックスをオンにします。エクスペリエンス エディターのフィールドにカーソルを合わせると、点線の輪郭線でレンダリングとプレースホルダーが表示されます。

  • ページ上のすべてのオブジェクトの概要を表示するには、[コントロール] チェックボックスをオンにします。この機能は、ページの構成を確認するために使用します。このチェックボックスは、[デザイン変更] チェックボックスまたは [コンテンツ編集] チェックボックスがオンの場合のみ有効となります。

  • 関連するコンテンツが含まれているページ上のすべてのコンポーネントを緑色の点線で囲むには、[関連するコンテンツ] チェックボックスをオンにします。

適切なアクセス権がある場合、ロックしたアイテムの数を表示するリクエストをオフにすると、エクスペリエンス エディター リボンの読み込みにかかる時間を短縮できます。

エクスペリエンス エディター リボンの [表示] タブ

リボンの読み込み時間を改善するには以下を実行します。

  • Website\App_Config\Sitecore\Experience Editor\ フォルダーにある Sitecore.ExperienceEditor.config ファイルを開き、WebEdit.ShowNumberOfLockedItemsOnButton 設定で、値を false に変更します。

エクスペリエンス エディターでプレゼンテーションに関連する通知を非表示にすることができます。たとえば、ワークフロー通知を非表示にすることができます。

非表示にすることができるワークフロー通知の例。

通知を非表示にする方法は、次のとおりです。

  1. Website\App_Config\Sitecore\Experience Editor\ フォルダーで、Sitecore.ExperienceEditor.config ファイルを開きます。

  2. getPageEditorNotifications パイプラインに移動し、以下のいずれかのプロセッサを削除すると、通知を無効にできます。

    • Sitecore.ExperienceEditor.Pipelines.GetPageEditorNotifications.LanguageAccessNotification, Sitecore.ExperienceEditor - 言語に関連する通知を表示します。例: "現在の言語のセキュリティ設定により、このアイテムは表示されません"

    • Sitecore.Pipelines.GetPageEditorNotifications.GetWorkflowNotification, Sitecore.ExperienceEditor - ワークフロー関連の通知を表示します。例: "アイテムは <sample workflow> ワークフローで ”最終” 状態になっています"

    • Sitecore.Pipelines.GetPageEditorNotifications.NeverPublishNotification, Sitecore.ExperienceEditor - パブリッシュ制限に関する通知を表示します。例: "このアイテムのパブリッシュは制限されています"

    • Sitecore.Pipelines.GetPageEditorNotifications.FallbackFieldsCountNotification, Sitecore.ExperienceEditor - フォールバック値を含むフィールドの数を示すフォールバック アイテムの通知を表示します。

    • Sitecore.Pipelines.GetPageEditorNotifications.ReadOnlyNotification, Sitecore.ExperienceEditor - 言語バージョンに関連するフォールバック アイテムの通知を表示します。例: "現在の言語にはバージョンが存在しません。<original language> からのフォールバック バージョンが表示されます"

    • Sitecore.Pipelines.GetPageEditorNotifications.GetLockingNotification, Sitecore.ExperienceEditor - ユーザーがロックしたアイテム関連の通知を表示します。例: ”<user> がロックしているため、このアイテムを編集できません"

    • Sitecore.Pipelines.GetPageEditorNotifications.GetWriteAccessDeniedNotification, Sitecore.ExperienceEditor - アイテムの書き込み権限関連の通知を表示します。例: "このアイテムへの書き込み権限がないため編集できません"

  3. 変更を保存します。