Sitecore.Services.Client

Current version: 10.1

Sitecore.Services.Client は、データ駆動型アプリケーションの開発に使用する、Sitecore アプリケーションのサーバー側とクライアント側の両方のサービス レイヤーです。

Sitecore.Services.Client は、設定や拡張が可能で、フレームワークやスカッフフォールディングを提供することで、アプリケーション内のクライアントとサーバーの通信を一貫した方法で行うことができます。Sitecore.Services.Client は、ASP.NET Web API を基盤として使用しています。

フレームワークは設定に慣習を適用し、サーバー側コントローラーを設定する必要はありません。コントローラーを [ServicesController] 属性でマークすることで、すべての機能を利用できます。また、このフレームワークは、クライアントがサービスのメタデータに関する情報を得ることができる仕組みも備えています。その後、以降のサービスへの呼び出しを作成するときに、この情報を使用できます。さらに、サーバー側は通常、標準の HTTP 応答タイプを使用して応答します。

クライアントはサーバー側クラスを使用して次の操作ができます。

  • SPEAK コンポーネントの使用。

  • クライアント側 JavaScript の使用。

  • Restful API の直接使用。

Sitecore.Services.Client は、次の 2 つのサービスを提供します。

  • ItemService: このサービスにより、通常の Sitecore アイテムにアクセスできます。

  • EntityService: このサービスにより、定義したビジネス オブジェクトにアクセスできます。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,