Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンの複数の登録と匿名のコンタクト

概要

Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンで複数の登録と匿名のコンタクトがどのように処理されるかの概要。

Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンは、顧客が注文したときやカートを放棄したときにフォローアップする機能を提供します。いずれの場合も、顧客は匿名のままにしたり、複数の注文を行ったりすることができます。

パイプライン プロセッサーの UpdateVisitorInAutomationPlan を使用して、複数の登録や、以下のようなカートの CRUD 操作パイプラインの匿名のコンタクトを管理します。

  • commerce.carts.addCartLines パイプライン。

  • commerce.orders.submitVisitorOrder 注文パイプライン。

このプロセッサーは、次の表に示されているパラメーターを受け取ります。

パラメーター

説明

allowDuplicateContacts

顧客が指定されたキャンペーンに複数回登録できるかどうかを示すブール値を受け取ります (顧客はキャンペーンに同時に複数回参加できます。デフォルト値は、false です)。

コンタクトをキャンペーンに登録するための通常の MA の条件とオプションでは、コンタクトがキャンペーンに参加することを 1 回のみ許可します。複数の登録を許可するには、一意のキーが必要です。新規注文キャンペーンの場合、キャンペーンの顧客の一意のインスタンスを識別するキーは注文 ID です。

allowUnauthenticatedContacts

匿名の顧客が指定されたキャンペーンに登録できるかどうかを示すブール値を受け取ります。デフォルト値は、true です。コンタクトをキャンペーンに登録するための通常の MA の条件とオプションでは、既知の顧客のみが許可されます。つまり、登録済みの顧客のみが許可されますが、顧客はコードで登録されるため、匿名の顧客も登録できます。

BasePlanName

対象となるキャンペーンの名前。

次のコードの UpdateVisitor プロセッサーには、allowDuplicateContacts 設定と allowUnauthenticatedContacts 設定が含まれています。

Order processor UpdateVIsitor 
<processor type="Sitecore.Commerce.MarketingAutomation.Pipelines.Carts.Common.UpdateVisitorInAutomationPlan, Sitecore.Commerce.Connect.MarketingAutomation" patch:source="Sitecore.Commerce.MarketingAutomation.Orders.config">
  <param ref="orderAutomationPlanCustomValueProvider"/>
  <basePlanName>New Order Placed</basePlanName>
  <allowDuplicateContacts>true</allowDuplicateContacts>
  <allowUnauthenticatedContacts>true</allowUnauthenticatedContacts>
</processor>

プロセッサーの詳細については、注文パイプラインを参照してください。

同じセッションで複数の注文を行う顧客を処理するには、注文の確認を送信するときに顧客がキャンペーンに同時に複数回参加できるようにする必要があります。これは、顧客が最初の登録後にキャンペーンを終了する前に、同じインタラクションまたは複数のインタラクションで複数の注文を行えることを意味します。デフォルトでは、顧客は 1 回のみ許可され、最初に行った注文に対してのみ注文の確認を受け取ります。

デフォルトでは、新規注文キャンペーン テンプレートは、同じ顧客の複数の登録をサポートしています。これは、顧客が同じマーケティング オートメーション プランに登録して複数の注文を行う場合です。プランのテンプレート (/sitecore/System/Marketing Automation Template) の [プラン データ] フィールドで、複数の登録をサポートするための構成設定を見つけることができます。デフォルトでは、 ReentryMode は 2 (複数の登録) に設定されており、ContextKeyFactoryTypesitecore.Commerce.Connect.MarketingAutomation.Providers.ContextKeyFactoryProvider で実装されています。

ReentryMode の設定

この実装では、登録のキーとして注文 ID を使用します。ReentryMode の 1 (単一) は、顧客がプランに 1 回しか参加できないことを示します。

顧客が登録せず、匿名のままである場合、顧客が請求ページなどでメール アドレスを入力すると、コンタクト情報が収集されます。Storefront サイト テンプレートを使用すると、次の図に示すように請求ページに顧客のコンタクト情報が含まれます。

チェックアウト プロセスのメール確認

注文した顧客のメールアドレスが請求ページで定義されているメール アドレスと異なる場合 (会社の注文など) や匿名の顧客の場合は、注文確認、カート放棄のメール リマインダー、お勧め商品メール メッセージを送信するためにメール アドレスを収集する必要があります。このメールアドレスは、ショッピング カートに保存されています。これは、xDB のコンタクトの優先メール アドレスとして自動的に設定されます。匿名の顧客のサポートは、UpdateCart パイプラインの SetAnonymousPreferredEmail プロセッサーで提供されます。