エクスペリエンス エディターでフィールドを編集

概要

エクスペリエンス エディターのページで、フィールドや画像などを直接編集します。

エクスペリエンス エディターは、ページで直接 Web サイトのコンテンツを編集できる WYSIWYG (What You See Is What You Get) エディターです。テキスト、グラフィック、ロゴ、リンクなど、ページ上に表示されているすべてのアイテムを編集することができます。

注記

エクスペリエンス エディターでフィールドを編集する場合、フィールドに関連するコンテンツが含まれていると、同じコンテンツを使用している他のページのコンテンツも変更されることに注意してください。

ページのコンテンツを編集する場合、共有のレイアウトまたは最終レイアウトで編集することができます。

  • 共有のレイアウトには、ページのすべてのバージョン、すべての言語で共有されているコンテンツが含まれています。

  • 最終レイアウトには、現在のバージョンのページの特定のコンテンツと共有のレイアウトで指定されたコンテンツの組み合わせが含まれます。これが、ユーザーが Web ページ上で見るレイアウトとなります。

ページが基づいているテンプレートに応じて、以下のフィールドを利用できます。

  • 共有フィールド: すべての言語のすべてのバージョンで共有されます。

  • バージョン管理なしのフィールド: 同じ言語のすべてのバージョンで共有されます。

  • バージョン管理ありのフィールド: 特定言語の特定バージョンのアイテムにのみ適用されます。

注記

バージョンの最終および共有のレイアウトでは、すべてのフィード タイプを編集できます。

エクスペリエンス エディターでフィールドを編集するには、以下の手順に従います。

  1. エクスペリエンス エディターにログインして、該当するページに移動し、さらに編集するフィールドに移動します。デフォルトでは、最終レイアウトを編集するため、ページの該当するバージョンと言語を間違いなく選択します。

    • ページの複数のバージョンで共有されているフィールドを編集するには、リボンの [プレゼンテーション] タブで、[レイアウト] グループ、[最終レイアウト]、[共有のレイアウト] の順に選択します。

      エクスペリエンス エディター リボンのプレゼンテーション タブにあるレイアウト グループ
  2. 編集するフィールドをクリックして内容を入力します。選択したフィールドのタイプに応じて、表示されるフローティング ツールバーのオプションは異なります。次に例を示します。

    • 単純なテキスト フィールドには、テキストのみを入力できます。入力したテキストに合わせてフィールドが自動的に拡大します。

      シンプルなテキスト フィールド
    • リッチ テキスト フィールドでは、フローティング ツールバーからテキスト エディターを開くことができます。リッチ テキスト エディターを開き、より高度な編集機能を利用するには、[テキストを編集します] The Edit the text icon をクリックします。

      リッチ テキスト フィールドの上にあるフローティング ツールバー
    • 画像フィールドには、アニメーション、フィルム クリップ、サウンド ファイルなどのさまざまな種類のメディアを挿入できます。

      画像を含む画像フィールド
    • リンク フィールドでは、内部リンク、外部リンク、メール リンクなどのさまざまな種類のリンクを追加および編集できます。

      リンク フィールドの上にあるフローティング ツールバー
    • 日付フィールドでは、日付を設定および変更できます。

      日付フィールドの上にあるフローティング ツールバー
    • Date Time フィールドでは、日付と時刻を設定および変更できます。

      Date Time フィールドの上にあるフローティング ツールバー
  3. フィールドの編集が終了したら、[保存] をクリックして変更を保存します。