Path アナライザー マップ

概要

Path アナライザー マップの読み方について説明します。

Path アナライザー マップは、コンタクトが Web サイトをたどるパスを視覚的に表したものです。マップは、次の 3 つの基本要素で構成されます。

  • ノード

  • パス

  • ツリー

ノードは、ページ、ゴール、その他のマーケティング アクティビティを表すことができます。各ノードはマップ上に円で示されます。

パスは、コンタクトが特定のチャネルやキャンペーンから特定のゴールやイベントに達する途中でインタラクションを持った一連のノードで構成されます。複数のコンタクトが同じ一連のインタラクションを持った場合にパスがマップに追加されます。

ツリーは Path アナライザー マップの基本構造です。ツリーはマップの中央ノードから放射状に広がる多くのパスやブランチで構成されます。この中央ノードは、ツリー ノードとも呼ばれます。

マップを表示するときに、表示モードを、放射状、垂直、水平、テーブル、ダッシュボードの間で切り替えることができます。

次のスクリーンショットは、放射状モードのマップを示しています。

放射状モードの Path アナライザー マップ

ノードには、ノードのサイズと色に関する情報を提供する 2 つの視覚的プロパティがあります。

ノードのサイズは、ノードとそのすべての子孫の合計エンゲージメント バリューを示します。つまり、ノードが大きいほど、合計エンゲージメント バリューが大きいことを表します。

円の色は、ノードの親の訪問毎のバリューと比較したノードの訪問毎のバリューを示し、パスをさらに先に進んだ場合のメトリクスの変化を確認するのに役立ちます。円が赤の場合、このノードでの訪問毎のバリューは減少しています。円がその親よりも緑色が濃い場合、訪問毎のバリューはこのノードで増加しています。円の色は、兄弟ノード間の訪問毎のバリュー メトリクスを比較し、訪問毎のバリューが最も高いパスがどのノードから続いているかを判断するのにも役立ちます。

濃い灰色の枠線が付いた円は、重要度の低いノードのコレクションを表します。このタイプのノードには、その他のラベルが付いています。

ノード A とノード B を接続する線の太さは、ノード A からノード B に流れるトラフィックの量を、ノード B の兄弟と対比して示します。同じ情報は、ノード間のパスの暗い部分の長さで表されます。これは、線の太さの違いがわかりにくい場合に、情報の視認性を高めるためです。

このようにトラフィックとエンゲージメント バリューを視覚化することで、どこに注力するかを決めることができます。たとえば、大量のトラフィックを受信するが多くのエンゲージメント バリューを生み出さないノードは、詳しい調査と最適化の候補となります。

Path アナライザー マップのノード

Path アナライザー マップを使用すると、Web サイトの効率を測定できます。マップの各ノードは、特定のページの相対的なエンゲージメント バリューを示します。ノードの色は、濃い赤から濃い緑までさまざまです。パス上のノードの緑が濃いほど、エンゲージメント バリューを生み出すパスの効率は高くなります。赤いノードを含むパスは、ページが生み出すエンゲージメント バリューが低いため、ページが最適化の候補になる可能性があることを示します。

パスの効率を理解する別の鍵はノード サイズです。ノードを通過するコンタクトがもたらすエンゲージメント バリューが増えると、ノード サイズは大きくなります。たとえば、濃い赤のノードを持つ、トラフィック量の多いパスが Path アナライザー マップに表示される場合があります。これは、パスが受け取るコンタクト トラフィックは多いが、エンゲージメント バリューが低いことを示します。従業員の経歴など、特定のタイプのページを含む他のパスは、より頻繁に使用されるパスよりも高いコンバージョン レートにつながることがわかります。

Web サイトで何が効果的であるかを調べて、訪問者を最も効率の高いパスに誘導することで、より多くのエンゲージメント バリューを生み出す可能性が高くなります。これは、Web サイトとマーケティング戦略を効率化する上で役立ちます。

Path アナライザー マップとの相対的なエンゲージメントを示す

Path アナライザー マップの右側のパネルに、分析の詳細を表示できます。[レポート] タブでは、Path アナライザーのさまざまなタイプのパスを表示できます。

Path アナライザー マップの右側のパネルに表示される分析の詳細

[メトリクス] パネルには、次のカテゴリが含まれています。

アイテム

説明

訪問

このパスへの訪問数。

バリュー

このパスにアクセスしたコンタクトによって累積されたエンゲージメント バリュー ポイントの合計。

訪問毎のバリュー

このパスへの訪問毎の平均エンゲージメント バリュー ポイント。

終了

このノードで Web サイトを離脱したコンタクトの数。

終値

このノードで離脱するまでにコンタクトが獲得したエンゲージメント バリュー ポイントの合計。

訪問毎の終値

このノードで Web サイトを離脱したコンタクトの訪問毎のエンゲージメント バリューの平均ポイント。

終了バリュー ポテンシャル

最適化を通じてパスが得る可能性があるエンゲージメント バリュー。

計算式は次のとおりです: Exit value potential = (value per visit - exit value per visit) * exits

平均時間 (秒)

コンタクトがノードで費やした平均時間。

結果

このパスで達成された結果 (子孫ノードからの結果を含む) の数。

通貨値

このパスで得られた金銭的価値の合計。

平均貨幣価値

このパスで得られた平均貨幣価値。

パス内のノードを選択していない場合、[メトリクス] パネルにはインターネット ルート ノードに関する情報が表示されます。新しいノードを選択するには、そのノードにカーソルを合わせるかクリックします。これにより、ノードとノードに至るパスの両方の訪問数やバリューなどの分析情報が表示されます。