Path アナライザー

概要

Path アナライザーを使用すると、コンタクトが Web サイト内をナビゲートするときにたどるさまざまなパスを視覚化できます。

Path アナライザーを使用すると、コンタクトが Web サイト内をナビゲートするときにたどる一連のパスを示すマップを作成できます。キャンペーンを操作し、ゴールと結果をトリガーする際にコンタクトがたどるパスを確認できます。

新しい Path アナライザー マップを作成すると、コンタクトとキャンペーンやデジタル アセットとのインタラクションに伴う、さまざまなタイプのエクスペリエンスを追跡できます。また、新しいマップを作成して、初めての訪問者やリピーターのエクスペリエンスなど、Web サイトへの特定のタイプの訪問者のエクスペリエンスを分析することもできます。この情報から、さまざまなタイプの訪問者とコンテンツとのインタラクションを掘り下げて知ることができます。

Path アナライザーは、どのパスに最もトラフィックが集中しているか、どのパスが最も高いエンゲージメント バリューを示しているか、どのパスが最も高い訪問毎のエンゲージメント バリューまたは効率を示しているかを表示します。これにより、効果が高いコンテンツや、効率が低いために最適化の対象となるコンテンツについて洞察を得ることができます。

Path アナライザー マップで選択されたパス。

ページ アナライザーを使用すると、Web サイトの特定ページとの間のパスを表示できます (これは、Web サイト全体で最も頻繁に使用されているパスをより広範囲に表示する Path アナライザーとは対照的です)。ページ アナライザーを開くには、ページのノードをクリックし、[ページ アナライザーで開きます] をクリックします。

ページ アナライザー マップに表示されるホームノードとの間のパス

ページ アナライザーを使用すると、ページにつながるパスを探索し、特定のパスを通じてエクスペリエンスを得た個々のコンタクトを表示できます。

ページ アナライザーでのコンタクト情報

このように、Path アナライザーを使用すると、すべてのパスを表示する大局的なパス マップ ビューから、ページ固有の分析ビュー、特定のパス エクスペリエンスを持った個々のコンタクトまでを参照し、各コンタクトのエクスペリエンス プロファイルを開くことができます。

エクスペリエンス プロファイルからのコンタクトの詳細

Path アナライザーを使用すると、コンタクトが Web サイトで得たエクスペリエンスをマッピングして表示できます。コンタクトが特定のゴールやページ イベントをトリガーするまでに訪問したページを確認できます。また、特定のチャネルやキャンペーンからのトラフィックを識別するマップを設定することもできます。これに基づき、Path アナライザーは、コンタクトを目的のビジネス成果に誘導する上で効率の高いパスと効果の低いパスを示します。

コンタクトと Web サイトとのさまざまなタイプのインタラクションをマッピングすることもできます。たとえば、Web サイトへの初めての訪問者のエクスペリエンスをマッピングし、リピーターのエクスペリエンスを示すマップを作成することで、2 つのエクスペリエンスの違いを比較できます。場所やデバイスなどに基づいたマップを作成できます。コンタクトのエクスペリエンスを比較することで、さまざまなオーディエンスに対するコンテンツの効果を掘り下げて理解できます。

マップを作成したら、マップ概要を使用して以下を表示できます。

  • パスに関する情報を提供する特定のレポート。たとえば、パスにアクセスしたコンタクトの数、コンタクトが生成したエンゲージメント バリュー、およびパスが生成した訪問毎のバリューの平均値に関するレポートを表示できます。

    • [メトリクス] タブには、特定のパスのパフォーマンスに関するより詳細なメトリクスが表示されます。

    • [コンタクト] タブには、特定のパスをたどったコンタクト、一致するパターン カード、コンタクトがトリガーしたゴールと成果、コンタクトの流入元が表示されます。

  • 外部チャネルから Web サイトにアクセスし、コンテンツを経由してゴールや成果を変換するまでのコンタクトを追跡するファネル。

注記

Path アナライザーでは、カスタム ファセットはサポートされていません。