Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンのデータ フロー

概要

顧客がストアフロントを訪れ、購入を行い、Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンに登録されるときに関係するロールの概要。

顧客がストアフロントを訪れ、購入を行い、Commerce マーケティング オートメーション キャンペーン ("カート放棄" または "新規発注" のキャンペーン) に登録される際、いくつかの Sitecore ロールが関わっています。

  • Content Delivery (CD)

  • Marketing Automation Operations

  • Marketing Automation Engine

  • EXM Content Management (CM)

  • EXM Dedicated Dispatch Server (DDS)

次の図は、ロール、MA データベースおよび EXM データベース、EXM DDS 間の情報の流れを示しており、後に続く表で詳細が説明されています。

注記

Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンには、ショップ名、新規発注の注文 ID、放棄されたカートのカート ID の 3 つのカスタム値が渡されます。

Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンで使用されるロール間のデータの流れを示す図。

ロール

データ フロー

Content Delivery (CD)

CD ロールは、Marketing Automation Operations ロールに情報を渡します。

Marketing Automation (MA) Operations

Marketing Automation (MA) Operation ロールは、顧客を Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンに登録し、MA Operations クライアントは、xConnect サーバー インスタンスでホストされている MA Operations エンドポイントと通信します。

MA Operations エンドポイントは、メール メッセージを Message Bus に送信します。

注記

処理は Marketing Automation Engine によっては実行されず、Marketing Automation Operations エンドポイント (xConnect インスタンス) でリアルタイムで処理されます。

Marketing Automation Engine

Marketing Automation Engine は、Commerce マーケティング オートメーション プランに遅延アクティビティまたはリスナー アクティビティがある場合にのみ関与します。キャンペーンに一時停止がない場合、Marketing Automation Engine はデータ フローには関与しません。

Message Bus

メール メッセージを EXM CM ロールに送信します。

EXM Dedicated Dispatch Server (DDS)

EXM Dedicated Dispatch Server のロールは、Commerce メールを顧客に送信します。このロールは、上の図の破線で示されているように、スケーリングされた環境に限って使用されます。

注記

デフォルトでは、EXM は Content Management (CM) サーバー上でメール メッセージのキューイング、レンダリング、ディスパッチを行います。スケーリングされた環境では、送信するメール メッセージが多い場合、これらのアクティビティは EXM Dedicated Dispatch Server (DDS) にオフロードされます。

Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンは、デフォルトで次のパッケージを使用します。これらのパッケージは、サイトの作成時に Commerce MA キャンペーン モジュールを選択すると、自動的にサイトに追加されます。

注記

Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンは、Storefront サイト テンプレートや Storefront テーマをインストールしたり、Habitat カタログを使用したりしなくても利用できます。

パッケージ

含む項目

Commerce Engine

  • Commerce 機能を有効にするマイクロ サービス。Commerce Engine は、特定の要件を満たすために機能を拡張、カスタマイズ、または削除したい場合に、独自のプラグインを作成できるようにするフレームワークを公開します。

Commerce Connect

  • Commerce マーケティング オートメーション テンプレート

  • どのキャンペーンを使用するかを決定する、キャンペーン プロバイダーのインターフェイスと実装です。デフォルトの実装は、キャンペーン名が「shopName + "" + templateName」であるデフォルトの命名規則に基づいています ("Storefront カート放棄" または "Storefront 新規発注" など)。

  • Commerce Engine と通信するための抽象的 API

Commerce Engine Connect

  • データ プロバイダー

  • インデックス作成

  • Commerce Engine と通信するための Connect API の実装

CXA Foundation レイヤー

  • コンタクトをマーケティング オートメーション キャンペーンに登録するプロセッサー 

  • カスタム値を設定するロジック

  • カスタムの SendEmail マーケティング オートメーション アクティビティ

  • 放棄されたカート イベント アクティビティ

  • ベース リポジトリ

  • ベース モデル

CXA 機能レイヤー (コンポーネント)

  • MVC ビュー、コントローラー、およびモデル

  • レイアウト

  • Email Experience Manager (EXM) メッセージのブランチ テンプレート

  • サイトの作成中にマーケティング オートメーション キャンペーンと EXM メール テンプレートを追加するスキャフォールディング ロジック