SXA Storefront のパフォーマンス設定

概要

Storefront のパフォーマンスを最適化する方法に関するハイレベルな概要。

このトピックでは、SXA Storefront のパフォーマンスを最適化する方法に関するガイドラインを示します。

注記

詳細なパフォーマンス情報は、Experience Commerce のパフォーマンスに関するホワイト ペーパーで確認できます。その他の Sitecore Experience Platform キャッシュ オプションについては、「キャッシュの設定」を参照してください。SXA のパフォーマンスを向上させる方法に関する推奨事項については、「 SXA のベスト プラクティス」を参照してください。

GlobalCatalogPolicy で定義した設定も、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。

Commerce 検索結果レンダリングを使用する際のパフォーマンスを向上させるために、使用する AJAX 呼び出しの数を設定できます。

パフォーマンスを向上させるには、ニカート数のキャッシュ設定を有効にし、サーバー側のミニカートの再計算設定を無効にします。デフォルトでは、これらの設定は両方とも有効になっています。Commerce カート レンダリング (ミニカート レンダリングを含む) については、「Commerce カート レンダリング」を参照してください。

パフォーマンスを向上させるために、Content Delivery Network (CDN) は一般的なソリューションとともに、具体的には Commerce 検索結果レンダリングとともに、特に分散セットアップや複数の CD インスタンスを使用できるクラウドで使用できます。HTML のキャッシュをサイト全体で行うか、具体的に個々のページで行うか、ブラウザー キャッシュを無効にするかを決定するのも、サイトごとのキャッシュのサイズを決定するのも、SXA サイトの設定です。

Commerce 検索結果レンダリングでの CDN の使用の詳細については、「商品リストで利用可能なレンダリングの選択」と「非同期呼び出しとキャッシュの理解」を参照してください。Commerce レンダリング用の HTML のデフォルト キャッシュの概要については、「SXA Storefront レンダリングのキャッシュ」を参照してください。

パフォーマンスを向上させるために、商品リストのレンダリング用の結果のキャッシュを設定できます (/sitecore/Sontent<テナント>/<サイト>/Settings/Commerce/Product List Cache Configuration)。デフォルトでは、商品リストのキャッシュは有効になっておらず、Sitecore XC 9.3 以降、レンダリングはデフォルトの Storefront サイト テンプレートで使用されなくなりました。詳細については、「利用可能なレンダリングの選択」を参照してください。

パフォーマンスを向上させるために、SXA Storefront レンダリングを設定できます。デフォルトでは、レンダリングのキャッシュは最適な設定になっています。ただし、独自のレンダリングを作成する場合は、レンダリングのキャッシュを検討する必要があります。各サイトの SXA Asset Optimizer を使用して CSS スタイルと JavaScript を最適化できます (/sitecore/Content/<テナント>/<サイト>/Presentation/Page Designs)。デフォルトでは、これらの設定は有効になっていません。

検索ログには、Sitecore が実行する検索クエリに関する情報が含まれています。Solr 検索のパフォーマンスを向上させるには、設定ファイルに次の変更を加えます。

デフォルトでは、Sitecore XP 設定ファイル (App_Config/Sitecore/ContentSearch/Sitecore.ContentSearch.config) のSitecore.Diagnostics.Searchログ レベルは、[情報] に設定されています。ログ エントリの数と必要なストレージ スペースを減らしてパフォーマンスを向上させるには、本番環境に移行する前に、Sitecore.Diagnostics.Searchログレ ベルの設定を [警告] に設定します。

ショッピング カート ページにアクセスまたは更新すると、CXACartContext に対して AJAX 呼び出しが 1 回行われます。CXACartContext は Commerce Engine に接続して現在のカート情報を取得し、それをページ上のすべてのレンダリングに渡します。

無料ギフトの選択レンダリングは、サーバー側で Commerce Engine を呼び出して、カート、価格、在庫情報を取得します。つまり、商品詳細ページで無料ギフトの選択レンダリングを使用すると、商品詳細ページへのアクセス頻度が高くなるため、パフォーマンスに影響が出る可能性があります。一方、ショッピング カート ページへのアクセス頻度は低く、無料ギフトの選択レンダリングを配置するのに適した場所であると考えられます。

デフォルトでは、Theming Optimizer スクリプト (sitecore/System/Settings/Foundation/Experience Accelerator/Theming/Optimiser/Scripts) とスタイル (sitecore/System/Settings/Foundation/Experience Accelerator/Theming/Optimiser/Styles) モードは、開発フェーズで使用されるため、無効に設定されます。データ スループットを低下させ、応答時間を改善するために、本番環境に移行するときは、これらの設定を両方とも Concatenate と Minify に設定することをお勧めします。