SXA Storefront のトラブルシューティング

次の表に、SXA Storefront に関する一般的な問題と、提案される解決策を示します。その他の質問に対する回答については、「よくある質問」を参照してください。

問題

解決策

Sitecore XC の最新バージョンにアップグレードした後に、既存のテナントの上書きテンプレートがない。

上書きテンプレートを既存のサイトに手動で追加する必要があります。詳しくは、「カタログの上書きテンプレートの設定」を参照してください。カタログ テンプレートの作成、またはカスタム カタログまたはアップグレードされたソリューションの直接ナビゲーションの有効化については、「既存サイトでのダイレクト ナビゲーションの設定」を参照してください。

問題

解決策

メイン サイトと同じホスト名を使用するサブ サイト (仮想フォルダーのある) を作成するときにエラーが発生した。

SXA サイト マネージャーを開き、サブサイト (および仮想フォルダー) がリストのメイン サイトの上にリストされていることを確認します。

データベースに書き込まれるレコードの数を減らすために、API が xDB で追跡されないようにするにはどうすればよいですか。

excludeUrlTracking セクションを含めるよう、構成設定を変更します。

商品リストのキャッシュを設定するにはどうすればよいですか。

商品リスト キャッシュの設定」を参照してください。

HTML キャッシュをオフにするにはどうすればよいですか。

コンテンツ エディターからsitecore/Content/&l<tenant>/<site>/Settings/Site Grouping/<site> に移動して、ストアフロント サイト全体の HTML キャッシュをオフにすることができます。[コンテンツ] タブの [フラグ] セクションで、[キャッシュ Html] のチェック ボックスをオフにします。

カタログ アイテムを直接開いたり、カタログ アイテムに移動したりする場合、エクスペリエンス エディターでレイアウトとコンポーネントを編集することはできません。ただし、一部のテキストは編集できます。

エクスペリエンス エディターで、/sitecore/content/Sitecore/Storefront/Presentation/Partial Designs/Default Main Category Page または /sitecore/content/Sitecore/Storefront/Presentation/Partial Designs/Default Main Product Page Content に移動して、カテゴリー ページと商品ページを開きます。

または、プロモーション商品コンポーネントから [詳細] をクリックして、商品の詳細ページを開くこともできます。

プロモーション商品レンダリングでは、コンテンツは表示されません。

Commerce レンダリングは、偽造防止メタ レンダリングにに依存しているため、Commerce レンダリングが想定どおりに動作するようにするには、すべてのストアフロント ページに偽造防止メタ レンダリングを含める必要があります。

ツールボックスは空で、「現時点でページに追加できるレンダリングはありません」というメッセージが表示されます。

エクスペリエンス エディターで、/sitecore/content/<tenant>/<site>/Presentation/Partial Designs/Default Main Category Page または Content/sitecore/content/<tenant>/<site>/Presentation/Partial Designs/Default Main Product Page Content に移動して、カテゴリー ページと商品ページを開きます。

カテゴリーに商品が含まれていても、ProductListRenderingModel のレンダリング (\Views\Commerce\Catalog\ProductList.cshtml) の ChildProducts プロパティが常に NULL なのはなぜですか。

ProductList のレンダリングは、以前は Razor レンダリングで、商品リストのデータ ソースとして ProductListRenderingModel.ChildProducts プロパティを使用していました。Sitecore 9.2 では、レンダリングは商品を (CatalogController.GetProductList エンドポイントから) 読み込むために Ajax 呼び出しを使用するように変更され 、ChildProducts プロパティを含む Ajax レスポンスとして、ProductListRenderingModel タイプの代わりに ProductListJsonResult タイプを使用するようになりました。現在、ProductListRenderingModel タイプは、ProductList レンダリングのためのレンダリング モデルとしてのみ使用され、設定パラメーターを渡しますが、商品データは引き継がれません。ProductListRenderingModel は、UseLazyLoadingMaxPageSizeCurrentCatalogItemId の設定パラメーターの値のみを保持します。その他のプロパティはレガシーであり、非推奨となります。ビュー ファイル内のロジックもレガシーであり、Model.ShowNoResultMessage プロパティが常に false に設定されているため、実行されることはありません。ProductList のレンダリング データ フローのカスタマイズ、デバッグ、または操作には、ProductListJsonResult および関連する Knockout js モデルを使用してください。

問題

解決策

設定に関係なく、すべての国/地域が Storefront に表示されます。

ナレッジ ベースの記事を参照してください。

検索結果のランク付けに影響を与えることはできますか。つまり、特定の検索結果をリストの一番上に上げることはできますか。

はい、Sitecore 9.3 以降で可能です。詳しくは「検索結果の向上」を参照してください。

Storefront サインインに別の識別子を実装できますか。

デフォルトでは、Storefront は、識別子としてメールアドレスのみをサポートします。さらに、顧客が登録時に間違ったメール アドレスを入力した場合、顧客がメール アドレスを修正できるようにする、アカウント パージ プロセスは付属していません。

カタログが設定されていても、「カタログが設定されていません」というエラーが表示されます。

Commerce ナビゲーション レンダリング バリアントのナビゲーションの設定が定義されていることを確認してください。

Creative Exchange がストアフロント レンダリングの属性である AuthorizeValidateAntiForgeryToken をエクスポートしません。

Creative Exchange は、CM インスタンスで使用される開発者ツールです。本番環境での使用は想定していません。Creative Exchange は認証を処理しないため、ストアフロント レンダリングの Authorize 属性と ValidateAntiForgeryToken 属性は Creative Exchange のエクスポートには含まれません。。

ヘッド セクションに 2 つの正規メタ タグとタイトル タグがあると、カテゴリー メニューが 2 回表示されてしまいます。

Commerce メタ レンダリング」を参照してください。

重複するパーシャル デザインが同じ名前になります。

表示名を変更するには、リボンの [ホーム] タブにある [表示名] をクリックし、パーシャル デザインの名前を変更します。あるいは、コンテンツ エディターでパーシャル デザインを選択し、[コンテンツ] タブの [アピアランス] セクションで、[表示名] フィールドに新しい名前を入力します。

重複する商品が検索結果に表示されます。

SXA Storefront でのカタログの設定」と「SXA Storefront でのサイト検索の設定」を参照してください。

カートが Commerce Engine から削除されたにもかかわらず、メールが送信されます。

PurgePolicy をキャンペーンのタイムアウト値に応じて再設定します。

「パスワードをお忘れですか?」の機能は、SXA Storefront サイトでは機能しません。

ナレッジ ベースの記事を参照してください。

別のサイトの商品にアクセスできてしまいます。

カタログ商品コンテナ レンダリングを使用する場合、同じテナントの下にあるかどうかに関係なく、コンテンツ内の任意のアイテムに関連付けることができます。特定のサイトへのアクセスを制限するには、リンク プロバイダーを変更する必要があります。

ターゲット アイテムへのパスが現在のサイトの外にある場合、Sitecore は /sitecore/Content からのフル パスを使用します。

注記

同じテナントの下にある場合にのみ、サイト間でコンテンツを共有するよう心がけてください。

Storefront ブランドのテーマを使用した場合、デフォルト Commerce ヘッダーのパーシャル デザインで使用されているロゴがモバイル/レスポンシブ モードで表示されません。

エクスペリエンス エディターでパーシャル デザインを開き、Storefront のロゴが表示されるまでブラウザー ウィンドウのサイズを変更します。

言語を切り替えると、ライブ ストアフロントのナビゲーションが消えます。

ライブ サイトにすべての言語がパブリッシュされていることを確認してください。

カタログに追加された新しいアイテムがストアフロント サイトに表示されません。

キャッシュとインデックスの手動更新」を参照してください。

ストアフロント ページの読み込みにかかる時間が、以前のリリースよりも長くなっています。

新しいレンダリングが Sitecore 9.3 で追加されました。これらのレンダリングは、カスタマイズの面でより柔軟性があります。ただし、新しいレンダリングを使用すると、ページの読み込み時間に影響を与える可能性があります。Storefront サイト テンプレート ページを古いレンダリングの使用に戻すには、「デフォルトの Storefront サイト テンプレート ページの変更」を参照してください。

ストアフロントのパフォーマンスが低下しました。

この問題を軽減するには、「 CMS のみのモードを有効化してください。

ミニカートの中身を取得するときのパフォーマンスがよくありません。

ミニカートの再計算を無効にします。

商品が複数のカテゴリーに表示されるため、検索結果が重複します。

カタログの設定」と「SXA Storefront でのサイト検索の設定」を参照してください。

サブカテゴリー ナビゲーション レンダリングで結果が正しくソート処理されません。

ページ リスト レンダリングを使用してください。

価格やセールの情報はインデックス付けされますか。また、価格や特価の並べ替え順序の作成時に使用できますか。

いいえ。検索結果を価格やセール順で並べ替えることはできません。

仮想フォルダーを使用すると、「ドキュメントが見つかりません」というエラーが発生します。

Sitecore は、hostName および virtualFolder と、着信 URL に基づいて、サイト マネージャーでサイトがリストされている順序でサイト コンテキストを決定します。デスクトップからサイト マネージャーにアクセスするには、[Powershell Toolbox] をクリックします。この問題を解決するには、サイト マネージャーのサイト リストで、仮想フォルダーを使用してメイン ストアフロント サイトの前にサイトを移動します。詳しくは、「SXA サイト マネージャーで複数のサイトを管理する」を参照してください。

SXA Storefront サイトが見つからないか、ナビゲーション バーなしで表示されます。

次を確認してください。

  • Commerce カテゴリー ナビゲーションを使用している場合、sitecore/Content/&l<tenant>/<site>/Settings/Commerce/Catalog Configuration にある "カタログ" フィールドと "ナビゲーション カテゴリーを開始" フィールドに、正しい値が設定されていますか。詳しくは、「ストアフロントに表示するカテゴリーの選択」を参照してください。

  • "ホスト名" フィールド (sitecore/Content/<tenant>/<site>/Settings/Site Grouping/<site>) が正しく、sxa.storefront.com に設定されていますか。指定されたホスト名の値がデフォルトのストアフロント ホスト名と一致しない場合は、デフォルトのストアフロント サイトを読み込めません。

  • 上書きテンプレートが割り当てられていますか。「チュートリアル: 既存サイトでの直接の移動の設定」を最後まで実行してください。

詳細については、「カタログの設定」を参照してください。

その後、更新をパブリッシュし、Solr インデックスを再構築します。トラブルシューティングしている問題の解決策は、『オン プレミス向けインストール ガイド』を参照してください。

パスワード ポリシーが弱いため、ユーザーが安全でないパスワードを選択できてしまいます。

ストアフロントには、Sitecore セキュリティで定義されたデフォルトのパスワード ポリシーが付属しています。ただし、パスワード ポリシーは強力ではなく、改善の余地があります。強力なパスワードポリシーでは、次の特性がパスワードの条件として適用されます。

  • 大文字と小文字の両方を使用する。

  • 数字と特殊文字を含む。

  • 一般的な形式 (カレンダーの日付、電話番号など) を禁止する。

  • 一般的な辞書エントリを禁止する。

強力なパスワード ポリシーを設定する」を参照してください。

個々のストアフロント サイトの環境を設定できません。環境フィールドがありません。

不足しているフィールドを手動で作成できます。このフィールドは、 Sitecore.Commerce.Engine.Connect.EngineConnectUtility.GetShopEnvironment で使用します。

コンテンツ エディターで、/sitecore/Templates/CommerceConnect/Sitecore Commerce/Commerce Control Panel/Storefront Settings/Storefront/<site> に移動します。[Commerce 管理パネル] を右クリックし、[挿入]、[テンプレート] の順にクリックします。[メッセージ] ダイアログ ボックスで、「環境」と入力し、[OK] をクリックします。

コンテンツ エディターで、/sitecore/Commerce/Commerce Control Panel/Storefront Settings/Storefronts/<site> に移動し、ストアフロント サイトをクリックして、[コンテンツ] タブの [Commerce 管理パネル] セクションで、"環境" フィールドに値を割り当てます (たとえば、HabitatShops)。変更内容を保存し、パブリッシュします。

ストアフロント サイトを起動し、HTTP OData が Commerce Engine を呼び出していること、および環境 HTTP ヘッダー値が定義した環境値を使用していることを確認します。そうでない場合は、C:\inetpub\wwwroot\xp0.sc\App_Config\Include\Y.Commerce.Engine\Sitecore.Commerce.Engine.Connect.config ファイルで設定されている値 (<defaultEnvironment>HabitatShops<defaultEnvironment> など) にフォールバックする必要があります。

問題

解決策

レポート データに含まれていない顧客アクティビティがあります。

これは、MaxPageIndexThreshold が低すぎるためと考えられます。最大値に達すると、それ以上の顧客アクティビティは記録されません。詳しくは、「ページイベント、ゴール、結果、カスタム分析データ」を参照してください。

Experience Profile レポートに匿名のコンタクトの分析が含まれていません。

デフォルトでは、匿名のコンタクトはインデックスに登録されません。匿名ユーザーのインデックスを有効にするには、/App_Data\jobs\continuous\IndexWorker\App_Data\config\sitecore\SearchIndexer に移動し、sc.Xdb.Collection.IndexerSettings.xml 設定ファイルで IndexAnonymousContactData を true に設定します。詳細については、「xDB index で匿名のコンタクトのインデックス作成を有効にする」を参照してください。

分析に含まれていない注文があります。

すべての注文を分析に含めるには、マーケティング定義をデプロイする必要があります。

訪問済み商品とカテゴリー ページのイベントが xDB に記録されません。

商品やカテゴリーへの訪問を、カテゴリーや商品の詳細情報とともに xDB に記録するには、Visited Product Page レンダリングまたは Visited Category Page レンダリングをページに追加する必要があります。これらのレンダリングはライブ ストアフロントでは表示されませんが、エクスペリエンス エディターに表示されます。

たとえば、"アクセスしたカテゴリ ページ イベント" レンダリングをカテゴリー ページに追加するには、コンテンツ エディターでカテゴリー ページ (sitecore/Contentl<tenant>/<site>/Presentation/Partial Designs/Category Page Content) を選択し、リボンの [プレゼンテーション] タブにある [詳細] をクリックします。[レイアウト詳細] ダイアログ ボックスの [MVC レイアウト] をクリックし、ダイアログ ボックスの左側にあるリストで [コントロール] をクリックします。コントロールのリストで、[アクセスしたカテゴリ ページ] をクリックして、[OK] をクリックします。[レイアウト詳細] ダイアログ ボックスで、もう一度 [OK] をクリックします。

重要

イベントのカスタム値は xDB に含まれないため、[オプティマイズ] タブからイベントを有効にしないでください。

問題

解決策

ECM.Pages.Message. ImagesAreNotAvailable

Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンでは、会社のロゴを含む事前設定されたメール テンプレートが使用されます。このエラーを解決するには、使用するロゴをメディア ライブラリにアップロードします。

コンテンツ エディターで検索を実行すると、SOLR エラーが検索ログに記録されます。

コンテンツ エディターで、/sitecore/System/Settings/Buckets/Facets/CommerceConnect/Inventory に移動します。リストの各アイテム (在庫場所、注文可能場所、在庫切れ場所、予約注文可能) について、[コンテンツ] タブの [ファセット] セクションで、[有効] チェック ボックスをオフにします。リボン メニューで、変更を保存します。

サイト仮想ディレクトリへの AJAX 呼び出しがエラーになります。

これは、AJAX 呼び出しによって仮想ディレクトリ フォルダー名が URL に追加され、フォルダー名に大文字が含まれている場合に発生します。この問題を解決するには、フォルダー名を小文字に変更します。

Storefront テーマのエクスポートが部分的にしか完了していません。Index.html ファイルに「オブジェクトが移動しました」というメッセージが含まれています。

ストアフロントで使用されているホスト名に sxa.storefront.com 証明書、または有効な証明書が使用されていることを確認します。

商品をナビゲートまたは検索するときに、「GUID には 4 つのダッシュを含む 32 桁が含まれている必要があります」というエラーが表示されます。

マスター インデックスと Web インデックスを再構築します。

Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンが動作しません。

Commerce マーケティング オートメーション キャンペーンを使用するには、xDB をインストールして有効にしている必要があります。

ログに Scriban エラーが起きます。

高負荷で Scriban テンプレートを使用すると、競合状態が発生し、ページが正しくレンダリングされない場合があります。詳細については、「Sitecore ナレッジベース」を参照してください。

チェックアウト ページにアクセスすると、「ホスト名を解析できませんでした」というエラーが表示されます。

コンテンツ エディターで、sitecore/Content/<tenant>/<site>;/Settings/Site Grouping/<site> に移動します。[コンテンツ] タブの [ホスト名] フィールドで、ホスト名が 1 つだけ定義されていることを確認します。habitat.dev.local|storefront.dev.local のように、| (縦棒) で区切られた複数の値は含めず、代わりにサイト グループの下に複数のサイト定義アイテムを作成します。

エクスペリエンス エディターでページを表示しようとすると、「要求されたドキュメントのレイアウトが見つかりませんでした」というエラーが発生します。

既存のサイトでのダイレクト ナビゲーションの設定」を参照してください。

新しく作成された SXA Storefront サイトにアカウントを登録できません。

使用している環境の JSON 設定ファイルを編集し、ポリシー ドメイン プロパティの値を Sitecore.Commerce.Plugin.Customers.CustomerPropertiesPolicy に設定して、ストアフロントの名前と一致する、新しく作成したドメイン名をデフォルトで含めるようにします。