コンテンツ エディターの SXA アイテム

Current version: 10.1

SXA はサイトを Sitecore アイテムとして定義します。このトピックでは、Sitecore における SXA のテナント、サイト、カスタム アイテムについて説明します。

テナント アイテム

テナント作成ウィザードを使用してテナントとサイトをすばやく設定すると、SXA はデフォルトで、作成したばかりのテナント アイテムに保存されたパスを使用して、テンプレート、テーマ、メディア コンテンツを作成します。

テナント アイテム

サイト アイテム

サイト作成ウィザードは、サイトの構造を生成します。これには、ホーム アイテムだけでなく、共有コンテンツ用のデータ フォルダー、すべてのサイト固有メディア アイテム用のメディア アイテム、サイト レベルで定義する設定およびプレゼンテーション詳細用の設定およびプレゼンテーション ノードも含まれます。

サイト アイテム

サイト フォルダーには、次のサブフォルダーがあります。

  • ホーム - オーバーレイ ウィンドウで表示できるサイト ページとプレゼンテーション要素が含まれています。

    ホーム アイテム。
  • メディア - 画像、アニメーション、動画、PDF など、サイトで利用可能なすべてのメディア アイテムを含むメディア ライブラリのスコープ ビューが表示されます。メディア アイテムはこのフォルダーに物理的に存在するのではなく、サイトに割り当てられたメディア ライブラリ フォルダーを参照します。

    メディア アイテム。
  • データ - Web サイト内の複数のページで再利用できるデータ ソースが含まれています。データ フォルダーはサイト レベルの共有データ ソース コンテンツを保管する場所であり、このコンテンツをレンダリング タイプ別に整理します。サイト作成ウィザードで選択したコンポーネントのみに データ コンテナー フォルダーが作成されます。

    データ アイテム。
  • <Site> ディクショナリ - Scriban テンプレートの翻訳が追加されます。一般的な Sitecore ディクショナリと区別するためにサイト名が含まれます。

  • プレゼンテーション - サイトの作成時に選択した機能に関する設定とプレゼンテーションの詳細が含まれています。

    プレゼンテーション アイテム。

    次の表に、プレゼンテーション サブフォルダーに含まれるアイテムを示します。

    アイテム

    説明

    有効なレンダリング

    エクスペリエンス エディターで編集者が使用できるレンダリングを一覧表示します。

    SXA では、ツールボックス内のコンポーネントの構造を変更できます。これは、よく使用するコンポーネント カテゴリをリストの一番上に移動したり、カテゴリ内のコンポーネントの順序を変更したりする場合に便利です。

    キャッシュ設定

    特定のコンポーネントのキャッシュ オプションを設定します。[ホーム] タブで [コンポーネント キャッシュ設定] をクリックして、キャッシュ設定を作成します。

    イベント タイプ

    [イベント タイプ] は設定可能なドロップダウン リストで、イベント リスト内の使用可能なイベント タイプを選択できます。

    レイアウト サービス

    レイアウト サービスで提供されるコンポーネントの出力の作成に使用する、追加の JSON レンダリング バリアントを指定します。

    ページ デザイン

    ページ デザインを作成して割り当てます。このアイテムには、特定のサイトの最適化設定を変更するための設定が含まれています。

    パーシャル デザイン

    カスタム パーシャル デザインを含みます。このアイテムの子を変更することで、パーシャル デザインを作成および変更します。

    プレースホルダー設定

    レイアウト プレースホルダーにプレースホルダー制限を設定します。これらの制限は、サイト内のすべてのページに適用されます。このアイテムは、エクスペリエンス エディターで動的プレースホルダーに割り当てることができる、プレースホルダー制限アイテムのコンテナーでもあります。

    POI タイプ

    興味のある地点を追加します

    レンダリング バリアント

    バリアントをサポートするサイト内のすべてのコンポーネントを一覧表示します。このアイテムのサブフォルダーにコンポーネント バリアントを追加できます。

    スタイル

    SXA には、レンダリング用に事前設定されたスタイルがあります。スタイルの追加、編集、削除ができます。各スタイルの [スタイル] セクションで、そのスタイルを使用できるレンダリングを追加できます。

  • 設定 - 設定の詳細が含まれています。

    設定アイテム。

    次の表に、設定サブフォルダーに含まれるアイテムを示します。

    アイテム

    説明

    ブラウザー タイトル

    デフォルトでは、"タイトル" フィールドがブラウザーのタイトルとして使用されます。別のフィールドを使用するには、ここで専用の "タイトル" フィールドを指定します。SXA では、サイトごとにページ タイトルのプレフィックスとサフィックスを定義することもできます。

    Creative Exchange Storages

    クリエイティブ エクスチェンジにエクスポート オプションやインポート オプションを指定できるように設定します。エクスポートされたサイトを保存するためのパスも設定できます。

    データソース設定

    SXA では、組み込みの SXA コンポーネントで独自のデータ テンプレートを使用できます。データソース設定を挿入してコンポーネントを選択すると、そのコンポーネントで使用するデータソース テンプレートを変更したり、そのデフォルト設定の多くを上書きしたりできます。

    デフォルト リンク

    リンク コンポーネントを使用すると、記事への明示的なリンクを設定せずに次または前の記事に移動できる、ブログ ページのパーシャル デザインなどへのリンクを追加できます。

    ファセット

    検索コンポーネントが使用するファセットを追加します。

    HTMLスニペット

    HTML スニペットが含まれます。HTML スニペットは、メタデータ パーシャル デザインに追加できるメタ コンポーネントです。

    アイテム クエリ

    リスト コンポーネントのカスタム クエリを作成します。

    マップ プロバイダー

    マップの認証キーを保存します。

    プライバシー警告

    プライバシー警告を設定します。たとえば、警告の種類を指定したり、プライバシー警告メッセージを表示しないページを設定したりできます。

    リダイレクト

    リダイレクト マップを追加します。

    Scopes

    ブースティング ルールを追加します。SXA では、検索範囲を使用して、条件に基づいて検索結果を限定できます。ブースティング ルールを定義することで、範囲内の特定の結果が増加します。

    Shared Site Settings

    デリゲート エリアを表示します。このセクションは手動で編集しないでください。

    サイト グループ化

    このフォルダーの子には、Sitecore サイト定義があります。これらは SXA なしでサイトを構築する場合に設定ファイル内で定義する Sitecore <site> ノードと同等です。SXA サイト マネージャーを使用してこれらのアイテムを管理することもできます。

    ここにカスタム プロバイダーを追加します。SXA では、サイトごとにさまざまなリンク プロバイダーを選択できます。これは、複数のサイトでリンク要件がすべて異なる場合に役立ちます。

    カスタム ログイン ページを割り当てることもできます。

    ソーシャル メディア グループ

    ソーシャル メディアでページを共有する方法を定義します。ソーシャル共有ボタンのスニペットを指定できます。

    Twitter アプリ

    Twitter アプリの資格情報を入力します。Twitter API にアクセスするには一連の資格情報が必要で、リクエストごとに渡さなければなりません。

    既存の Twitter アプリがある場合は、developer.twitter.com で Twitter アカウントにログインすれば、Twitter アプリのダッシュボードから自分のアプリを表示および編集できます。

カスタム アイテム

SXA を拡張するときは、カスタム アイテムの保存場所について考えておく必要があります。SXA は、SXA の更新中に標準の SXA セクションを上書きします。したがって、SXA によって制御されるツリー ブランチにカスタム アイテムを配置すると、アップグレード後にインスタンスが破損する可能性があります。

SXA は、Sitecore 実装の構築、テスト、拡張、保守に関する開発プロセスの推奨事項を含む Sitecore Helix の原則に従います。Helix レイヤーに続くテンプレート フォルダーは次のように定義されます。

  • 機能 - ソリューションのビジネス オーナーと編集者が把握している、ソリューションの具体的な機能が含まれています。

  • Foundation - 複数の機能モジュールで共有する基本ロジックが含まれています。

  • プロジェクト - ソリューションのコンテキストを提供します。新しいテナントを作成するたびに、次の例のようなプロジェクト構造が自動的に生成されます。

SXA がプロジェクト フォルダーで生成するテンプレートは、テナント作成ウィザードで選択したモジュールによって異なります。

Do you have some feedback for us?

If you have suggestions for improving this article,