Commerce 注文レンダリング

概要

顧客が注文のリストを表示できるようにするために使用されるCommerce 注文レンダリングの概要。

Commerce 注文レンダリングをストアフロントに追加して、顧客が注文のリストと単一の注文の詳細を表示できるようにします。注文の詳細とリストは、アカウントにログインしている顧客にのみ表示されます。

このトピックでは、ツールボックスの [Commerce 注文] セクションからアクセスできるレンダリングについて説明します。

注文履歴レンダリングと最近の注文レンダリングを使用して、注文詳細を表示し顧客がレビューできるようにします。注文履歴レンダリングには、顧客が行ったすべての注文が含まれていますが、最近の注文レンダリングには、過去 30 日以内に顧客が行った注文のみが表示されます。エクスペリエンス エディターでいずれかのレンダリングをページに追加すると、次のようになります。

エクスペリエンス エディターに表示される注文

どちらのリストにも、注文ごとに次の情報が含まれています。

  • 注文番号 - Sitecore Commerce によって注文に割り当てられた注文番号。

  • ステータス - コマース システムでの注文の現在のステータス。

  • 日付 – 注文が行われた日付。

  • 注文詳細アイコン – 注文詳細が記載されたページへのリンク。

エクスペリエンス エディターでは、リストにプレースホルダー データが含まれ、リンクは無効になっています。

設定

注文履歴レンダリングと最近の注文レンダリングは [コントロール プロパティ] ダイアログ ボックスで設定します。次の設定プロパティは、ダイアログ ボックスの [最近の注文 タイトル] セクションにあります。

プロパティ

用途

タイトルを表示

最近の注文ヘッダーを設定します。

全ての注文を表示 リンクを表示

[全ての注文を表示] リンクを表示または非表示にします。

全ての注文を表示 リンク

全ての注文を表示 リンクを設定します。

注記

両方のレンダリングで、表示するテキスト、ツールチップ、注文数を設定できます。エクスペリエンス エディターでレンダリングをクリックし、レンダリング ツールバーで [関連するコンテンツの追加または編集 > 関連アイテムの編集] の順にクリックします。

エクスペリエンス エディターでは、SXA Storefront テンプレートの [注文詳細] ページは次のようになります。

エクスペリエンス エディターに表示される注文詳細

注文ヘッダー

注文ヘッダー レンダリングには、注文番号、日付、ステータスなど、注文に関する一般的な情報が含まれています。これには、エクスペリエンス エディターのプレースホルダー データが含まれます。

注文品目

注文品目レンダリングを使用して、注文の商品ごとに 1 品目表示します。各品目には、商品画像、タイトル、単価、割引タイプ、数量、合計価格、および該当する場合は無料ギフト ラベルが含まれます。エクスペリエンス エディターでは、レンダリングによってプレースホルダー データが表示されます。

注記

注文品目レンダリングで表示される画像は、サイト レベルで設定されます。

次の設定プロパティは、[コントロール プロパティ] ダイアログ ボックスにあります。

プロパティ

用途

スタイリング - Commerce

コンパクト カート

ショッピング カート品目コンポーネントを小さくコンパクトなビューで表示します。

メイン タイトル

ショッピング カート品目のコンテンツのフォント サイズを 30 px に設定します。

余白無し

余白を狭くします。

塗りつぶされた主ボタン

塗りつぶされた主ボタンを表示します (表示されている場合)。

主ボタンの線

境界線のある主ボタンを表示します。

角丸コンテナー

角が丸いショッピング カート品目コンテナーを表示します。

二次ボタンの線

境界線のある二次ボタン (表示されている場合) を表示します。

二次タイトル

ショッピング カート品目のコンテンツのフォント サイズを 18 px に設定します。

注記

Scriban テンプレートを変更して、注文品目レンダリングをカスタマイズします。

注文合計

注文合計レンダリングを使用して、注文の合計金額を表示します。エクスペリエンス エディターでは、注文に商品が含まれていないため、レンダリングではすべての金額が 0 と表示されます。