Commerce レンダリングを設定する

概要

Commerce レンダリングで使用できる標準のレンダリング構成設定の概要。

ツールボックスで利用できるすべての Commerce レンダリングは設定可能です。[コントロール プロパティ] ダイアログ ボックスには、以下のテーブルに示されているように、標準の SXA 設定セクションがいくつかあります。

注記

各レンダリングには、独自のレンダリング パラメーターがあります。詳細に関しては、各 Commerce レンダリングの設定セクションを参照してください。

セクション

説明

キャッシュ

このセクションの設定によってキャッシュされたデータの使用方法を制御できます。詳細に関しては、「SXA Storefront レンダリングのキャッシング」を参照してください。

全般

このセクションの設定には、プレースホルダーとデータ ソース パラメーターが含まれています。

重要

Placeholder プロパティと Data Source プロパティは変更しないでください。これらのプロパティを変更すると、レンダリングが消えたり、その他予期しない動作が発生する場合があります。

グリッド

このセクションの設定で、レンダリング レイアウトを指定できます。デフォルトでは、レンダリングをページに追加すると、列の幅全体が使用されます。エクスペリエンス エディターでは、グリッド セクションでこれを変更できます。

スタイル

このセクションの設定により、ラベルとボタンを表示または非表示にしたり、インデント、レンダリング、ラベルの位置、およびレイアウト タイプのスタイルを変更できます。

パラメーター

このセクションの設定はカスタム設定で、(データ ソースを越えて) サブレイアウトのインスタンスに渡すデータを定義します。”追加のパラメーター” フィールドでは、キーと値のペアとして追加プロパティを追加できます。

Commerce レンダリングを設定するには、次の手順に従います。

  1. エクスペリエンス エディターで、ページ上のレンダリングをクリックし、選択します。

  2. <rendering> ツールバーで、[詳細] > [プロパティ] の順に選択します。

  3. [コントロール プロパティ] ダイアログ ボックスで必要に応じてレンダリング パラメーターを変更し、[OK] をクリックします。