Commerce 共有レンダリング

概要

Commerce 共有レンダリングの概要と、それらの使用方法。

さまざまなタイプのページを作成するために、SXA ツールボックスの [Commerce 共有] グループでレンダリングを使用できます。

次の画像は、Commerce 共有レンダリングがストアフロント ページにどのように表示されるかを示す例です。

ライブ ストアフロントでの Commerce 共有レンダリングの例

言語セレクター レンダリングを使用して、顧客がストアフロントと Commerce メール キャンペーンで表示する言語を選択できるようにします。言語セレクター レンダリングをページに追加すると、現在の言語を表示するハイパーリンク テキストとして表示されます。2 つの言語セレクター レンダリングがあり、1 つはツールボックスの [コンテキスト] セクションに、もう 1 つは [Commerce 共有] セクションにあります。この 2 つは同じですが、唯一の違いは次のとおりです。

  • Commerce 言語セレクターは、Commerce 管理パネルで定義された言語セットにレンダリングをリンクします (sitecore/Commerce/Commerce Control Panel) が、一方、SXA 言語セレクターは、システム設定で定義された言語セットにレンダリングをリンクします (sitecore/System/Languages)。

  • Commerce 言語セレクターを使用する場合、選択した言語はコンタクト ファセットに登録され、Commerce のマーケティング オートメーション キャンペーンを通じて Commerce メールを送信するときに使用されます。

重要

SXA 言語セレクターは、コンタクト ファセットの言語を変更せず、Commerce メールの言語には影響しません。

ライブ ストアフロントで言語セレクター リンクをクリックすると、使用可能な言語のリストが展開されます。その後、言語を選択できます。

ライブ ストアフロントでの言語セレクター
設定

言語セレクター レンダリングに表示される言語は、言語セット アイテム (/sitecore/Commerce/Commerce Control Panel/Shared Settings/Language Sets) で定義できます。

各言語セットには、選択した言語のリストと既定の言語があります。

既定の言語セット

ストアフロントに適用される言語セットは、sitecore/Commerce/Commerce Control Panel/Storefront Settings/Storefronts/<Your Storefront>/Language Configuration の [言語セット] フィールドで指定します。

言語設定の言語セット フィールド

メッセージ概要レンダリングは、他のレンダリングによってトリガーされたメッセージを表示し、メッセージ概要にプッシュされます。レンダリングはメッセージをタイプ別にグループ化し、次の順序で表示します。

  • エラー

  • 警告

  • 情報メッセージ

ストアフロント スタイル シート (CSS) は、さまざまなタイプのメッセージの外観 (スタイル) を決定します。

メッセージ概要レンダリングをページにドロップすると、レンダリングにプレースホルダー データが含まれます。

プレースホルダー データを表示するメッセージ概要レンダリング

ライブ ストアフロントでは、メッセージが含まれていない場合、レンダリングは非表示になります。

設定

メッセージ概要レンダリングに表示されるメッセージは、Commerce ストアフロントのシステム メッセージです。システム メッセージ フォルダー (/sitecore/Commerce/Commerce Control Panel/Storefront Settings/Commerce Terms/System Messages) でメッセージを設定できます。