条件付きレンダリング

概要

条件付きレンダリングは、事前定義された条件が満たされたときに表示またはレンダリングされるコンテンツの一部です。

条件付きレンダリングは、事前定義された条件が満たされたときに表示またはレンダリングされるコンテンツの一部です。条件付きレンダリングを使用して、訪問者が Web サイトを表示したり利用したりする方法を制御できます。

条件付きレンダリングの例は次のとおりです。

  • 地理的な位置をチェックするルールに基づいて、訪問者に異なるコンテンツを表示する。

  • 過去にフォームに記入した訪問者の場合は登録フォームを非表示にする。

  • 訪問者が参照したサイトに基づいて、Web サイトのバナーのテキストを変更する。

条件付きレンダリングは、パーソナライズされたコンテンツの同義語としてよく使用されます。ただし、これはパーソナライゼーションの同義語ではありません。パーソナライゼーションとは、ターゲットを絞った関連性の高いコンテンツを訪問者に配信するさまざまなプロセスを指します。

パーソナライゼーションには、アダプティブ パーソナライゼーション (つまり、訪問者の行動に基づいて Web サイトのコンテンツを動的に変更する) と、ルールベースのパーソナライゼーション (条件付きレンダリングを提供するパーソナライゼーション ルールの作成と実装を含む) の両方が含まれます。

ルール設定エディターで条件付きレンダリングの条件を設定します。ルール設定エディターでは、条件が真であるかどうかを判断する論理ベースのルールを使用します。条件が真の場合や満たされた場合に有効になる、条件付きレンダリングなどのアクションを定義できます。アクションにリンクされている条件は、ルールと呼ばれます。

ルール設定エディターには、エクスペリエンス エディターからアクセスできます。コンテンツ エディターとマーケティング コントロール パネルからもアクセスできますが、通常はエクスペリエンス エディターで条件付きレンダリングを作成します。