メール キャンペーンでのサービス メッセージの使用

サービス メッセージは、受信者が知る、検証する、または確認する必要がある情報を含む 1 回限りのメッセージです。サービス メッセージは、製品のリコールやプライバシーの問題などの法的要件に対処するためによく使用されます。これらのタイプのメッセージは、受信者が予期していたり、重要な情報を含んでいるため、開封率が非常に高くなります。

サービス メッセージでは、サプレッション リスト、オプトアウト リスト、および送信制限は無視されます。さらに、同意を取り消した、またはマーケティング キャンペーンに参加しないことを選択したコンタクトも、サービス メッセージを受け取ります。このため、使用には注意が必要です。サービス メッセージの目的は、マーケティング資料を送信することではありません。大量のメール メッセージで受信者を圧倒したくはないでしょう。そうすれば、受信者は重要な情報を見落としたり、多すぎる受信メールに苛立つことになります。

サービス メッセージの例は次のとおりです。

  • アカウント アラート

  • パスワードを忘れた場合

  • 新規注文

  • 購読確認

  • 購読中止

サービス メッセージは、特定のイベントによってトリガーされます。たとえば、買い物客が購入を完了するとすぐに、注文が受領されたことを知らせる注文確認サービス メッセージを送信します。注文の詳細に加えて、配送情報や返金ポリシーに関する情報を含めることもできます。パーソナライゼーション トークンを使用して、サービス メッセージをカスタマイズしてパーソナライズできます。

定期メール キャンペーンまたは自動メール キャンペーンのサービス メッセージを作成できます。この手順では、自動メール キャンペーンを作成します。

自動メール キャンペーンを作成するには:

  1. Sitecore スタート画面で、[Email Experience Manager] をクリックします。

  2. EXM ダッシュボードで、[作成] をクリックしてから、[自動メール キャンペーン] をクリックします。

  3. [自動メール キャンペーン] ウィンドウの [テンプレート] セクションで、メール キャンペーンのベースにするテンプレートをクリックします。

  4. [アイテム名 (半角のみ)] フィールドで、新しいアイテムの名前を入力し、[挿入] をクリックします。

    メール キャンペーン ビルダーが開きます。

    メール キャンペーン ビルダー
  5. [全般] タブの [一般情報] セクションと [送信者の詳細] セクションで、関連するフィールドを編集します。

    • メール キャンペーンの場所を変更するには、[場所] フィールドで [参照Browse.png] をクリックし、[場所を指定する] ダイアログ ボックスで、関連する場所に移動して、[OK] をクリックします。

    • メール キャンペーンをキャンペーンに関連付けるには、[キャンペーン グループ] フィールドで [参照] Browse.png をクリックします。そして、[キャンペーン グループを選択する] ダイアログ ボックスで、関連するキャンペーンに移動し、[OK] をクリックします。デフォルトでは、メール キャンペーンに関連付けられたキャンペーンはありません。

  6. [メッセージ] タブでコンテンツとレイアウトを編集します。

  7. [メッセージ] タブで、ドロップダウン ボタンをクリックしてから、[クイックテスト] を選択してメールのクイック テストを送信します。

  8. [配信] タブで、配信スケジュール、通知設定、およびパーソナライゼーション パラメーターを定義します。

  9. [タクソノミー] セクションで、[サービス メール キャンペーン] チェックボックスをクリックします。

  10. [メッセージを有効化する] をクリックします。

  11. 注意事項を読み、同意する場合は [OK] をクリックします。