メッセージにトークンを挿入する

概要

[メッセージの件名] フィールドまたはメッセージ本文のトークンを使用して、メール キャンペーンをパーソナライズします。

Email Experience Manager (EXM) は、メール キャンペーン メッセージをパーソナライズするために使用できるトークンをサポートしています。たとえば、メッセージの冒頭の挨拶でトークン $name$ を使用すると、メール キャンペーンを送信するときにトークンがコンタクトの名前に置き換えられます。

Token.png

注記

コンタクトの名前が利用できない場合、受信者には実際のトークンが表示されます。

次のトークンは、EXM でデフォルトで利用できます。

  • $email$

  • $fullname$

  • $firstname$

  • $lastname$

  • $name$

  • $phone$

注記

コンタクトからの他の情報を EXM のトークンとして使用できます。

トークンを挿入するには:

  1. 関連するメール キャンペーンを開き、[メッセージ] タブをクリックします。

  2. [件名] フィールドまたは [代替テキスト] フィールドで、トークンを挿入する場所にカーソルを置きます。

  3. [アクション] 9FD11352A3F94176BF30C47BFAD620C2.pngをクリックしてから、[トークンを挿入する] をクリックします。

    InsertToken.png
  4. [トークンを挿入する] ダイアログ ボックスで、関連するトークンをクリックし、[OK] をクリックします。

    00653AF562DE4DF5AA780B61246EC03D.png

    ヒント

    トークンの名前がわかっている場合は、フィールドにトークンを直接入力できます ($lastname$ など)。メッセージ本文にトークンを挿入する唯一の方法は、トークンの名前を入力することです。

  5. 変更を保存します。

特定の受信者のすべてのトークンをプレビューできます。

  1. [メッセージ] タブの [詳細] セクションで [アクション] 4430EA385C6E40C48513FE75D5528E5A.pngをクリックしてから、[受信者でプレビュー] をクリックします。

  2. [メール キャンペーンをプレビューする] ダイアログ ボックスで、メッセージをプレビューする受信者をクリックし、[OK] をクリックします。

    7D01E6E2A5F34DF3A26904036F973BBB.png

[メッセージ] タブでは、トークンの代わりに適切なコンタクトの値を含むメッセージを表示されるようになりました。